子供ともっと楽しむWebマガジン
menusearch

【クリスマスのうた】こどもと歌いたいクリスマスソング 20選

あなたが子どもに聴かせたい『クリスマスソング』はどんな曲ですか?

大人になるとクリスマスソングを意識して聴くことって、なかなかないですよね。

けれど子どものころに歌った曲や、街中で流れている曲はぼんやりと覚えていることが多くありませんか?

その曲を聴くと「もうすぐクリスマスだなぁ」と無意識に思っていたり……。

そんな普段は聞き流していてもまったく問題のないクリスマスソングですが、いざそのクリスマスソングを子どもに聴かせてあげたいと思っても「曲名がまったく出てこない!」と頭を悩ませた経験……ありませんか?

メロディーはわかるのに歌詞が曖昧で検索してもなかなか探している曲にたどり着けないことも多いですよね。

そこでこの記事では、子どもにオススメのクリスマスソングを紹介します。

昔から歌い継がれている童謡や定番のクリスマスソングから厳選しているので、「なつかしいあの曲を聴かせてあげたい!」「子どもが聴きやすいクリスマスソングってどんな曲?」「クリスマスパーティーのBGMどうしよう……!」そんなあなたにぴったりの記事です。

あなたが今探している『クリスマスソング』がきっと見つかります!

もくじ

クリスマスの歌・ベスト【1位〜20位】

誰もが一度は聴いたことのある定番のクリスマスソング

まずは殿堂入りとも言えるクリスマスソングを10曲紹介しますね。

「なつかしいクリスマスソング」を知りたい方はまずこちらを聴いてみてください。

誰もが一度は耳にしている曲ばかりなので、安心して子どもたちにオススメできますよ!

あわてんぼうのサンタクロース

あわてんぼうのサンタクロースが、クリスマスの日をまちがえてしまう物語です。

とってもユニークですよね。

子どもがまねして歌いたくなる明るいリズムで、聴いているだけで楽しい気分になるクリスマスソングです。

赤鼻のトナカイ

サンタクロースと一緒にいる動物といえば、ソリを引いているトナカイですよね。

赤い鼻をしていることでみんなに笑われ泣いているトナカイが、クリスマスに活躍します。

みんなのところへすてきなプレゼントを届けてくれますよ!

ジングル・ベル

みなさんもご存じの世界中の子どもたちから愛されている定番のクリスマスソング「ジングル・ベル」。

リンリンと鳴る鈴の音が、楽しいクリスマスのはじまりを予感させます。

子どもたちが一番聴き馴染みのある曲かもしれませんね。

「ジングル・ベル」
作曲/作詞:ジェームズ・ロード・ピアポント
日本語訳詞:宮沢章二

【1番】
走れそりよ 風のように
雪の中を 軽く早く
笑い声を 雪にまけば
明るいひかりの 花になるよ
ジングルベル ジングルベル 鈴が鳴る
鈴のリズムに ひかりの輪が舞う
ジングルベル ジングルベル 鈴が鳴る
森に林に 響きながら

【2番】
走れそりよ 丘の上は
雪も白く 風も白く
歌う声は 飛んでいくよ
輝きはじめた 星の空へ
ジングルベル ジングルベル 鈴が鳴る
鈴のリズムに ひかりの輪が舞う
ジングルベル ジングルベル 鈴が鳴る
鈴のリズムに ひかりの輪が舞う

サンタが町にやってくる(Santa Claus Is Coming to Town)

こちらも定番のクリスマスソングです。

原題は「Santa Claus Is Coming to Town」。

この曲は原題の方が有名かもしれませんね。

サンタクロースがクリスマスを連れて町にやってくるという曲なので、聴けば子どもたちのクリスマスに対する期待がさらに上がりそうですよね。

おめでとうクリスマス

クリスマスキャロル「ウィ・ウィッシュ・ユー・ア・メリー・クリスマス」は、日本では「おめでとうクリスマス」として知られています。

街中がイルミネーションで彩られる時期、よく耳にする定番のクリスマスソングですね。

しっとりとした曲調が特別なクリスマスの夜にぴったりです。

ジョイ・トゥ・ザ・ワールド

日本ではクリスマス賛美歌「もろびとこぞりて」として親しまれている曲です。

英語圏では「ジョイ・トゥ・ザ・ワールド」の歌詞で歌われており、マライア・キャリーやホイットニー・ヒューストンらもカバーしています。

一度聴けば愛さずにはいられない、とても美しい曲ですね。

きよしこの夜

日本でも有名なクリスマスキャロルのひとつです。

クリスマスソングとしてだけではなく、子守唄として歌っているお母さんも多いのではないでしょうか?

聴いているとリラックスできる静かで落ち着く曲ですよね。

「きよしこの夜」
作曲:フランツ・クサーヴァー・グルーバー
作詞:ヨゼフ・モール
日本語訳詞:由木康

【1番】
きよしこのよる 星はひかり
すくいのみ子は まぶねの中に
ねむりたもう いとやすく

【2番】
きよしこのよる み告げうけし
まきびとたちは み子のみ前に
ぬかずきぬ かしこみて

【3番】
きよしこのよる み子の笑みに
めぐみの み代の あしたのひかり
かがやけり ほがらかに

こんな記事も読まれています