- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

ありえない夏フェス「氣志團万博」の魅力

今回はロックバンドに詳しくない方でも多くの方がご存知のバンド、氣志團が主催となっておこなっている音楽フェス、氣志團万博の魅力をお伝えします。

氣志團とは

omp-s.com

omp-s.com

まず初めに氣志團万博を主催するバンド、氣志團についてご紹介します。

氣志團といえばリーゼントにボンタンや長ランといった変形の学ラン姿で80年代のヤンキーを彷彿とさせる出で立ちがとても印象的ですよね。

また彼らの最大の代表曲であり、メジャー1作目の「One Night Carnival」はみなさんご存知のことでしょう。

曲の冒頭の「オレんとここないか」というセリフはあまりに有名ですよね。

そんな彼らは1997年に千葉県木更津市で結成されました。

結成当初から今のようなヤンキーをバンドのテーマとしており、パンクロックとヤンキーを掛け合わして、「ヤンクロック」というジャンルで活動しています。

そんな彼らの魅力はやはりライブの素晴らしさです。

ユーモアたっぷりなキャラクターでありながら演奏はガチンコ、楽しくてかっこいいといった印象です。

また、曲には振り付けがあったり一斉に声を出したりと、みんなで参加できるようなライブになり、曲を知らなくても楽しめるようなライブが魅力的です。

今回の氣志團万博でのライブもどのようなものになるのか非常に楽しみですね。

氣志團万博とは

http://www.musicman-net.com/artist/20154.html

http://www.musicman-net.com/artist/20154.html

氣志團についてご紹介したところで、ここからは氣志團万博の歴史について少しご紹介します。

氣志團万博は元々氣志團のワンマン野外ライブとして2003年におこなわれ、その次は2006年に結成10周年を記念しておこなわれました。

そして2012年から「ありえないを形にする」をテーマに、多数の出演者を集めたフェス形式での開催がなされるようになりました。

それからは毎年おこなわれるようになり、いよいよ関東の定番夏フェスの仲間入りを果たしました。

こんな記事も読まれています