- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

キング・オブ・エフェクター、KLON CENTAUR(クーロン・ケンタウルス)ってこんな音!

create

ビンテージのエフェクターやそれのコピーモデルが多く出回っている現代。

実際に体感しないと本当のその良さは分かりません。

クーロンケンタウルスというビンテージエフェクターを弾いてみた感想をここで紹介いたします。

キング・オブ・エフェクター|KLON CENTAUR

KLON CENTAUR

今回は伝説のエフェクター「クーロン|ケンタウルス」についてのレビューをご紹介します。

私の憧れのギタリストB’z松本孝弘さんやCHARさんなど使用しておりいつか手に入れてやろうと思っていたのですが値段が恐ろしく高額!

個体も少なくめったにお目にかかれません。

私の憧れのギタリストはケンタウルスの絵が書いてあるものでプレミアが付いております。

市場価格は19万〜40万、普通は買いません(笑)。

しかし本物を知らずに他のコピーモデルで甘んじるのは、嘘つきだと思い頑張りました!

では気になる音は……

正直「???」と最初は思いました。

この音で20万はどうかしてるぜ、TS系でいいじゃねーかと正直思いましたが弾くに連れてどんどん魅力に引き込まれていきました。

温かみがありナチュラルなトーン、高音のチリッチリとした音のキメが細かく低音から高音までバランスよく絹のように滑らかに倍音が伸びていきます。

まるでコリングスなどの上質なアコギみたいな倍音のサスティーンを与えてくれるイメージです。

単音で弾くのでは良さがイマイチ伝わらないのでシンプルにコードを弾いた動画を作成いたしましたのでぜひチェックしてください!

KLON CENTAUR & ARCHER ikon

J.ROCKETT AUDIO DESIGNS|ARCHER Ikon

また今回合わせて世の中にたくさんあるケンタウロスのコピーモデルの中から「J.ROCKETT AUDIO DESIGNS|ARCHER Ikon 」をチョイスし比較しました。

J.ROCKETT AUDIO DESIGNS / ARCHER Ikon

ARCHER IkonとKLON CENTAURを弾き比べて感想ですが本家のビンテージトーンよりも音が硬め、倍音がコンパクトなボディサイズと同様にキレイにまとまったイメージ。

しかし音は本当によく似てます。

3万ぐらいで気分が十分味わえるのならOKではないしょうか?

またARCHER Ikonの方がゲインとトーンの幅が広くもっと現代的な音楽にマッチできるエフェクターだと思います。

しかしやはり本家CENTAURには僅かの差で敵いませんでした……

ビンテージトーンはもちろん一番差が出るのはゲインを上げた時の音です。

先に述べた通りケンタウロスは高音のチリッチリとした部分の倍音の粒が細かく絹のように滑らかなサスティーンを与えてくれます。

一方、ARCHER Ikonではゲインを上げた時にその高音のチリッチリとした部分の倍音の粒が粗く音を伸ばした時にその高音が途中でブチっと切れて消えてしまい音域全体をバランスよく包み込むジューシーなトーンにあと一歩届かない印象です。

おそらくヴォリュームを絞ると歪の粒の粗さが際立ち、これが一度本物を味わってしまうとなんとも物足りなく感じるところです。

またELECTRO-HARMONIXのSoul Foodもケンタウロスのコピーモデルとして有名です。

動画にはありませんが弾いた感想はケンタウロスと比較すると全体的にこもっているトーンな印象です。

また音の密度もボディーが軽いからかな?少し軽いかなって思います。

ボワっとしたビンテージ風の広がりがあるのですが輪郭が曖昧で薄味な音の印象です。

しかしこちらも十分ケンタウロスを味わえるペダルであることは間違いありません。

コスパを考えても1万円ぐらいで購入できるのでオススメです!!

Electro-Harmonix SOUL FOOD

こんな記事も読まれています