Music@RAG
音楽をもっと楽しむWebマガジン
menusearch
最終更新日:|6,225 view

2018年のNHK紅白歌合戦の予想曲

大みそかの風物詩、第69回紅白歌合戦の出演者42組が決定しました!

白組はKing&Prince、Suchmos、純烈、YOSHIKI feat.HYDE、紅組はあいみょん、DAOKO、計6組が初出場で、紅組は広瀬すず、白組は櫻井翔が司会を務めます。

ここでは各出演者の話題になった楽曲から懐かしい曲、定番曲までを振り返り、紅白歌合戦の曲を予想してみました!

事前に予習して、みんなで盛り上がろう!

白組

Blizzard三浦大知

12月19日に発売される、三浦大知のニューシングル「Blizzard」。

この曲は2018年12月14日公開の映画「ドラゴンボール超 ブロリー」の主題歌として起用されています。

紅白歌合戦でも彼の迫力のダンスパフォーマンスが観たいですね。

U.S.A.DA PUMP

懐かしいユーロビートの曲調と歌詞が特徴的でダサかっこいいと話題となり、2018年を代表する曲と言っても過言ではないこの曲。

サビで登場するダンスはメンバー内で「いいねダンス」と呼ばれており、小さなお子様から大人まで2018年は大流行しましたね。

見事に再び第一線で活躍するきっかけとなりました。

STAY TUNESuchmos

去年から音楽シーンをかっさらっていったバンド、Suchmosが今年、初登場です。

おそらく数曲披露してくれると思いますが、この曲はまちがいなく披露してくれると思います。

この曲はバンドのキャリアにとって、最も重要な曲でしょう。

アイデア星野源

NHKの連続テレビ小説「半分、青い」の主題歌となった「アイデア」。

この曲では2番以降、エレクトロサウンドをふんだんに使用した展開となっており、多くのファンをうならせました。

また、この曲では星野本人がマリンバを演奏していますが、紅白歌合戦でも彼のマリンバの演奏が観たいですよね。

サザンカSEKAI NO OWARI

ピョンチャンオリンピック・パラリンピックのNHK放送テーマソングとして書き下ろされたテーマソング。

この曲を聴くと、冬の情景があたりに広がる人も多いのではないでしょうか?

これまでのSEKAI NO OWARIとは一線を画するしっとりとしたサウンドが特徴的でした。

まさに、年末に家族で集まって聴きたい1曲ですね!

恋と愛三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE

三代目 J Soul Brothers、真骨頂のバラードソング。

これ以上にないほど、J-POPにアプローチしたメロディアスな1曲です。

三代目といえば、EDMやダンスミュージックをベースにした楽曲が多かったですが、この曲は例外で歌謡曲をベースにしてわずかにトラップと呼ばれる近代的なヒップホップのリズムパターンを取り入れています。

Rising SunEXILE

当初、東日本大震災復興支援ソングとして発表されたチャリティーソングでしたが、これまでに紅白で何度も披露され、今回もやはり来るのでは?

と噂されています。

多幸感あふれるサウンドがポジティブな気持ちを与えてくれますね!

独特の振り付けが今年も見れるでしょうか?

シンデレラガールKing & Prince

TBS系火曜ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」の主題歌として今年大ブレイクしたKing & Prince。

彼らが披露してくれる曲はこの曲で決まりではないでしょうか?

美メロとイケメンが織りなす、ハーモニー。

Red SwanYOSHIKI feat. HYDE

このふたりが揃うと、もう最強タッグとしか言いようがないですね。

こちらは人気アニメ「進撃の巨人」Season 3のオープニングテーマです。

「進撃の巨人」の曲は以前にも紅白歌合戦で披露されており、そのパフォーマンスが話題になりましたね。

今回もアニメとのコラボが企画されているのでしょうか。

勝負の花道氷川きよし

2018年1月に発売された氷川きよしの「勝負の花道」です。

11月には「勝負の花道」に加え、クリスマスソングが収録されたタイプ別の3作品がリリースされます。

こちらは氷川きよしが全世代に贈る応援歌なので、紅白歌合戦を観ている人たちにも元気と勇気をくれそうですね。

おすすめの記事あわせて読みたい