- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

京都のライブハウス。おすすめ一覧

深い歴史と新しい文化が混在する古都、京都。

特に70年代に京都から起こったブルースブームなどもあり京都は「日本ブルースの発祥の地」と呼ばれています。

そんなミュージックラバーの聖地とも言える京都のライブハウスをご紹介します。

もくじ

ライブハウス

GROWLY(グローリー)

2011年に惜しくも閉店した祇園の老舗ライブハウスWHOOPEE’sの元店長、角田恭平さんがオーナーを努める2012年にオープンしたライブハウス。

京都の二条に位置し、GROWLYの「W」はWHOOPEE’Sの「W」で、出演者のステージパスもWHOOPEE’Sの時と同じ「三角形のステージパス」になっており、WHOOPEE’S生まれ変わりとしてのライブハウスとしての思いも込められています。

出演バンドはオールジャンルですが、WHOOPEE’S時代から引き継がれているパンク、エモのシーンを皮切りに新たなシーンを生み出しながらカッコいい音楽が毎日のように流れています。

地方から京都にツアーにやってきたインディーズバンドからも好評で、京都のバンドが全国へ飛び出すきっかけにもなっています。

名称GROWLY(グローリー)
住所京都府 京都市 中京区 西ノ京星池町 西ノ京星池町214
ジャンルオールジャンル
営業時間14:00〜24:00
電話番号075-366-6369
メールkps@growly.net
SNS

LIVE&SAKE 陰陽(ネガポジ)

京都丸太町、御所南から西院引っ越した老舗ライブハウス、陰陽(ネガポジ)。

「LIVE&SAKE」という名に相応しい豊富なお酒と食べ物のメニューがあるライブハウス。

平日はライブハウスとしは珍しい「ノーチャージ」の箱として、居酒屋感覚で気軽に音楽を聴きに立ち寄れます。

それと共にここに関わるミュージシャンがどんどん成長していっているのが伺いしれます。

名称LIVE&SAKE 陰陽(ネガポジ)
住所京都府 京都市 右京区 西院東今田町
ジャンルオールジャンル
営業時間18:00〜25:00
電話番号075-555-5205
メールinfo@negaposi.net
SNS

nano(ナノ)

二条城の近くに位置するライブハウスです。

京都が誇るフェス「ボロフェスタ」の発起人「もぐらさん」が店長・ブッキングを務めるライブハウス。

キャパシティ的には小さいライブハウスですが、ステージと客席の距離も近く、こだわりのBGMが流れ「全力で音楽を楽しむ」姿勢が醸し出されています。

バンドやソロアーティストやDJによる一生懸命なパフォーマンスが毎日のように繰り広げられており、若手バンドが成長していく様子も一緒に楽しむことができます。

京都音楽シーンの最先端が常にあるように感じます。

名称nano(ナノ)
住所京都府 京都市 中京区 押小路通西洞院東入ル二条西洞院町632-3
ジャンルオールジャンル
営業時間イベントによる
電話番号075-254-1930
SNS

京都MOJO(キョウトモジョ)

1999年に京都にオープンして以来「若手中心のバンドが集まるライブハウス」として、とにかくたくさんのバンドが聴ける・観れる場所になっています。

螺旋階段を降りるとマスコットである「モージョくん」がお出迎えしてくれ、過去出演したバンドの写真の壁で埋め尽くされています。

改装しさらにキャパシティは増え、MAX300人ぐらいは入る箱へと成長しました。

インディーズバンドだけではなくて、アマチュアやコピーやカバーバンドでも出演できる学生さんでも入っていきやすい雰囲気です。

わたくしが中学生の時、生まれて始めて行ったライブハウスがこのMOJOでした。

名称京都MOJO(キョウトモジョ)
住所京都府 京都市 下京区 四条新町月鉾町39−1
ジャンルオールジャンル
営業時間イベントによる
電話番号075-254-7707
メールinfo@kyoto-mojo.com
SNS

拾得(ジットク)

拾得は築300年の酒蔵で1973年に「coffee house 拾得として」営業を開始し、現在までその姿を維持し続ける京都で最も古いライブハウスです。

「ライブハウス」と言う言葉の生みの元祖、日本で最古のライブハウスとしても有名で、設置してある机や座敷の畳も開業当時のままで、玄米を使ったご飯定食や自家製パンを使用したサンドウィッチも健在です。

お客様は古くからの常連の方が多い印象ですが、スケジュールを見ていると出演者は現役の若いミュージシャンも多数ラインナップされています。

住宅街の中に位置し、地域の交流の場としても歴史の深い場となっております。

おいしい料理とおいしいお酒、そして長年音を鳴らし続けてきた「蔵の広がりの音」をまだ体感していない人はぜひ。

名称拾得(ジットク)
住所京都府 京都市 上京区 大宮通下立売下る菱屋町815
ジャンルブルース / ジャズ / ロック / アコースティック
営業時間17:30〜24:00
電話番号075-841-1690
メールjittoku_terry@hotmail.com
SNS

KYOTO MUSE(キョウトミューズ)

四条通りに面したビルの4階に位置するライブハウス。

メジャーアーティストのツアーやインディーズバンドの歴史的な企画ライブなど熱いライブが毎日の様に繰り広げられています。

普段から「ロックバンド」を中心に出演しているので、大きい音や激しいバンドが出演しても十分にパフォーマンスできる環境が整っています。

入り口の階段の壁一面に張り巡らされたバンドのポスター、楽屋に壁一面に張り巡らされたステージパスや数々の伝説的なライブのセットリストが、今までの歴史を物語っています。

京都の他にも心斎橋と江坂に系列店があります。

ちなみに、わたくしが16歳の時に始めてバンドでライブをやったのはこのKYOTO MUSEです。

名称KYOTO MUSE(キョウトミューズ)
住所京都府 京都市 下京区 四条通柳馬場西入ミューズ389
ジャンルオールジャンル
営業時間イベントによる
電話番号075-223-0389
メールinfo@knuckleport.com
SNS

Live Spot RAG(ライブスポットラグ)

京都三条木屋町鴨川沿いのエンパイヤビル5階に位置するライブスポットラグ。

「美味しい料理を食べながら上質な音楽を聴ける空間」としてのコンセプト通り、国内外の一流ミュージシャンが出演し全国的にもファンが多い老舗のライブハウスです。

ライブハウス内の壁には隙間なく出演者のサインで埋め尽くされており、ここでの名演奏と30年以上の歴史を物語っています。

現在は若手ミュージシャンも多く出演し、普段なかなか見られない組み合わせでのセッションや共演も楽しめます。

フードメニューは、生地から手作りし一枚ずつ手焼きのこだわりのピザをはじめ、ブタキムチ丼・ツナおろし丼など昔から続くオリジナルメニューが今も健在。

音響にも定評があり、座って飲食しながらでもステージの生音を十分に堪能できます。

終演するとバータイムに早変わりし、ミュージシャンとお客さんが近い距離でコミュニケーションができる打ち上げ会場の場所となり、その日一日をその場だけでお腹いっぱいになって終えることができます。

名称Live Spot RAG(ライブスポットラグ)
住所京都府 京都市 中京区 木屋町通三条上ル 京都エンパイヤビル5F
ジャンルジャズ / フュージョン / ロック / ブルース / アコースティック
営業時間18:00〜2:00
電話番号075-241-0446
メールbooking@ragnet.co.jp
SNS

こんな記事も読まれています