人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

女性でもかっこいい声で歌いたい!ハスキーボイスの出し方3つのテクニック

よく歌を歌う女性の中には男性ボーカルのようにかっこよく歌いたい……という思いを持っている方も多いのではないでしょうか?

今回はそんなハスキーボイスに憧れを持つ女性のためにかっこいい声で歌うコツを3つのポイントにしぼってご紹介します。

ハスキーボイスになりたい!

女性ボーカル

ハスキーボイスを女性が出すには、かすれた声を出したり、喉仏を下げたり、男性になりきるという意識を強く持つ必要があります。

女性が男性アーティストの歌をかっこよく歌いたいと思っていても、男性独自のかっこいい声にならなくて、歌声に迫力が出ないことがあります。

「ハスキーボイスが出せれば、男性アーティストの曲もかっこよく歌えるのに!」と思う人がハスキーボイスを出すためには、次の3つのテクニックがあります。

  1. かすれたような声を出す
  2. 喉仏を下げる
  3. 男性になりきる

では、ひとつひとつ詳しく見ていきましょう。

1. かすれたような声を出す

ハスキーボイスを出すには、まずは、かすれた声を出す必要があります。

男性の声で特徴的なのが、低い音と少しかすれたような声ですね。

声をかすれさせて出すだけでも、ハスキーボイスに近くなります。

かすれ声の出し方を簡単に紹介しますので、興味のある方は試してみてください。

まず、最初は普通に声を「あー」と出します。

「あー」と声を出しながら、ハッキリと出ている声を、息だけになるように徐々に変えていきます。

最後は声が消えていって、「あー」と言っていたのが、「ハー」と、息だけが出る感じになります。

声から息だけにしていく途中に、息と声が混じることで、かすれ声のように聴こえるようになります。

その声を、歌うときに出すと、かすれた声で歌えるようになります。

最初は不自然になってしまうこともありますが、何度も練習していくうちに、どのくらい息を混ぜながら声を出せば、かすれた声っぽくなるのかは分かるようになるでしょう。

慣れないうちは、どんなかすれ声になっているのか、自分の耳では分からないと思いますので「このくらいのかすれた声が好きだな」と思えるかすれ声になるように、録音して確認しながら練習してください。

私はかすれた声と、かすれていない声とを出せますが、あまりかすれた声ばかりを意図的に長時間出していると、喉に負担がかかるのか、普段の声もかすれてくるので、歌うときには、負担のかからない程度に出すようにしています。

練習後の喉のコンディションも見ながら、自分にあった練習時間で行っていきましょう。

かすれた声を出せるようになると、カラオケなどでエコーをかけなくても、エコーがかかったような声に聴こえるようになります。

エコーをかけたときと、かけないときでは、ほとんどの人はエコーをかけたほうがうまく聴こえるようになっていると思います。

つまり、エコーをかけなくても、エコーをかけたように聴こえる声が出せる、ということは、それだけで歌がうまく聴こえるようになるのです。

かすれ声をマスターすると「かっこいい声だね!」と言われやすくなりますので、練習してかすれ声マスターを目指してみてください。

喉がすぐ疲れるという人は、

カラオケで喉がすぐ疲れる! 歌うときに喉が疲れるのを改善する4つのポイント

の記事も読んでみてください。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています