人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

女性でもかっこいい声で歌いたい!ハスキーボイスの出し方3つのテクニック

よく歌を歌う女性の中には男性ボーカルのようにかっこよく歌いたい……という思いを持っている方も多いのではないでしょうか?

今回はそんなハスキーボイスに憧れを持つ女性のためにかっこいい声で歌うコツを3つのポイントにしぼってご紹介します。

ハスキーボイスになりたい!

女性ボーカル

ハスキーボイスを女性が出すには、かすれた声を出したり、喉仏を下げたり、男性になりきるという意識を強く持つ必要があります。

女性が男性アーティストの歌をかっこよく歌いたいと思っていても、男性独自のかっこいい声にならなくて、歌声に迫力が出ないことがあります。

「ハスキーボイスが出せれば、男性アーティストの曲もかっこよく歌えるのに!」と思う人がハスキーボイスを出すためには、次の3つのテクニックがあります。

  1. かすれたような声を出す
  2. 喉仏を下げる
  3. 男性になりきる

では、ひとつひとつ詳しく見ていきましょう。

1. かすれたような声を出す

ハスキーボイスを出すには、まずは、かすれた声を出す必要があります。

男性の声で特徴的なのが、低い音と少しかすれたような声ですね。

声をかすれさせて出すだけでも、ハスキーボイスに近くなります。

かすれ声の出し方を簡単に紹介しますので、興味のある方は試してみてください。

まず、最初は普通に声を「あー」と出します。

「あー」と声を出しながら、ハッキリと出ている声を、息だけになるように徐々に変えていきます。

最後は声が消えていって、「あー」と言っていたのが、「ハー」と、息だけが出る感じになります。

声から息だけにしていく途中に、息と声が混じることで、かすれ声のように聴こえるようになります。

その声を、歌うときに出すと、かすれた声で歌えるようになります。

最初は不自然になってしまうこともありますが、何度も練習していくうちに、どのくらい息を混ぜながら声を出せば、かすれた声っぽくなるのかは分かるようになるでしょう。

慣れないうちは、どんなかすれ声になっているのか、自分の耳では分からないと思いますので「このくらいのかすれた声が好きだな」と思えるかすれ声になるように、録音して確認しながら練習してください。

私はかすれた声と、かすれていない声とを出せますが、あまりかすれた声ばかりを意図的に長時間出していると、喉に負担がかかるのか、普段の声もかすれてくるので、歌うときには、負担のかからない程度に出すようにしています。

練習後の喉のコンディションも見ながら、自分にあった練習時間で行っていきましょう。

かすれた声を出せるようになると、カラオケなどでエコーをかけなくても、エコーがかかったような声に聴こえるようになります。

エコーをかけたときと、かけないときでは、ほとんどの人はエコーをかけたほうがうまく聴こえるようになっていると思います。

つまり、エコーをかけなくても、エコーをかけたように聴こえる声が出せる、ということは、それだけで歌がうまく聴こえるようになるのです。

かすれ声をマスターすると「かっこいい声だね!」と言われやすくなりますので、練習してかすれ声マスターを目指してみてください。

喉がすぐ疲れるという人は、

カラオケで喉がすぐ疲れる! 歌うときに喉が疲れるのを改善する4つのポイント

の記事も読んでみてください。

2. 喉仏を下げる

ハスキーボイスを出すときに、喉仏を意識して下げると、低い声が出やすくなります。

男性アーティストの曲を原曲で歌う場合、「低い部分が出ない!」という人がいます。

あまりにも音域が違えば本当に出ませんが、出そうで出ないという低い声の場合は、声を出そうとする場所のイメージを喉仏のあたりにすると出しやすくなります。

自分の喉仏が下がっている状態なのか、上がっている状態なのかを、確認する方法がありますので、やってみてください。

まず、喉仏に手を軽く当てて、高い声を出します。

すると、喉仏が上がる感じが、手で確認できるかと思います。

逆に低い声を出すと、喉仏の位置が下がります。

このように、低い声を出すときは喉仏を下げることを意識しておこなうと、低い声が出しやすくなるのです。

喉仏を下げると、鼻の通りも良くなります。

女性はもともと、男性よりは声が高いですから、低い声が出しにくいというのはあります。

しかし、低い声が女性は出ないわけではなくて、普段低い声を出したりしないので、低い声の出し方に慣れていないだけ、ということがあります。

男性がよく、「高い声が出ない!」というのも、女性の低い声と同じように、普段高い声を出さないから慣れていないので出にくいだけ、ということもあるのです。

低い声を出す感覚をつかむためには、「今の自分はどのくらいの音まで出せるのか?」ということを知ると良いでしょう。

ドレミファソラシドが出せる楽器か、スマホのアプリなどで、自分がどのくらいまでの低い音を出せるか、ということを、楽器と一緒にドレミを言いながら、録音しつつ、音域の確認をしてみると良いでしょう。

そうやって低い音が「ここまでなら出る」と言うのがわかれば、歌うときもそこまでは出る可能性が高いです。

しかし、歌うのと話すのとでは、声の出し方やテクニックがかなり違いますので、不慣れなときは、話すときは出るけれど、歌うと出なくなることもあります。

たくさん練習して、歌うときでも低い声を出せるようにしてみてください。

低い声の出し方ついては、

低い声が出ない! 低い声を綺麗に出す3つの方法

の記事も読んでみてください。

3. 男性になりきる

ハスキーボイスを出すときに、男性になりきることで、余計な心の迷いを減らし、ハスキーな声を出しやすくします。

テクニックは練習するのに、思い込みの力を利用しない人もいますが、これはとても、もったいないと私は思っています。

ものまねでも自分が「今私は本人になっているんだ!」と思い込んでおこなっている人は似ています。

しかし、「私は本人には似ていないだろう」と思っていたり、何も考えていない人は「私は本人なんだ!」と強く思っている人よりも、ものまねが似ていないことがあります。

「本人になっている!」と強く思い込むことは、ネガティブな気持ち(似ていない、下手だ)などの感情を排除し、自信をより強く持てる、というメリットがあります。

自信がないと、自分の行動にブレーキがかかってくるので、実行しようと思うことが、うまくできなくなったりします。

練習中には、似ていないとか下手だという考え方は、改善点を見つけるために、あっても良いのですが、本番では、「私は今、本人なんだ!」くらいの思い込みをする方が、余計な迷いがないので、今の行動に集中しやすくなります。

歌だけに限りませんが、意識をするということは、意識したことに対してすごく考えるので、意識せず考えない人に比べると、いろいろな角度から、意識している対象について思考することにより、気がつかなかったところに気がつけるという利点があります。

男性アーティストの歌を歌うときは、女性の場合「私は今は男性なんだ!」と思い込むくらいが、うまくなりやすいのだと私は思います。

思い込むことで自信がつき、うまくなる人は多いものです。

人の指摘を聞かなくなるほどの思い込みは、成長を妨げることがありますが、指摘を受けることのない状況では、強く思い込むくらいが、最も行動しやすい状態だと私は思います。

恥じらいが、どうしても消せないという方は、

歌を歌うのが恥ずかしい! 羞恥心と劣等感を捨てる方法

も読んでみると、羞恥心についての理解がしやすいかと思います。

男性アーティストの歌を歌う人は、本人になった(男性になった)つもりで歌うことをオススメします。

まとめ

ハスキーボイスを出すには、かすれた声を出し喉仏を意識して下げて歌い思い込みの力を利用して、男性になりきることで出しやすくなるでしょう。

ハスキーボイスを出せるようになると、歌の幅がぐんと広がります。

歌のテクニックのひとつとしてできるようになると、歌を歌うのがより楽しくなると思います。

たくさん練習して、かっこいいハスキーボイスを手に入れてください。

この記事を筆者のサイトで読む

著者プロフィール

奏音

「歌を上手く歌う77の上達のコツ~これであなたもカラオケの人気者!

~」というサイトで歌や声などに関することを書いています。

ブログ:http://utawoumakuutau.hatenablog.com

この著者・クリエイターへメッセージを送る

著者の記事一覧

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

こんな記事も読まれています