DTMをもっと楽しむWebマガジン
menusearch

【DTM初心者のための】Logic Proの使い方。シンセサイザーの基礎編

Apple社が製造、販売している高機能DAW「Logic ProX」の操作や、覚えておくと便利なコマンドなど順を追ってわかりやすく説明させていただいています。

今回は、本当に複雑で初心者泣かせの、シンセサイザーのことを基礎の基礎から説明させていただきます。

また、今回の記事はLogicの使い方というよりは、シンセサイザーそのものの基本知識となります。

ですが、Logic付属のシンセサイザーなどを操作する時に必要な知識なので、お付き合い下さい。

シンセサイザーとは

簡単に言うと、音を合成する機械やソフトウェアのことです。

一口にシンセサイザーと言っても、一からすべてを機械の中で作って音として出力するものや、楽器の演奏を録音してそれを読み込み再生するだけのものなど、さまざまな種類があります。

以下はシンセサイザーのおおまかな種類です。

減算方式シンセサイザー

元となるさまざまな種類の音(この、元となる音を「波形」と言います)を、フィルターなどを使い「削る」ことで目的の音を作る方式。

イメージ的には彫刻に近い。

減算合成式とも言う。

例:ES1、ES2など

加算方式シンセサイザー

減算方式の定義からして、さまざまな種類の音を複数足して新たな音を作るシンセかな?と思いきや「複数の正弦波を合成して」新たな音を作る方式。

フーリエ変換というとっても難しい理論を使う。

しかし実際加算方式のシンセサイザーは難しすぎるためあまり見ない。

Logicには搭載されていない。

PCMシンセサイザー

Pulse Code Modulationの略。

実際の楽器(ピアノやギターなど)の音を録音しデータ化したものを読み込み再生する方式。

録ったものをそのまま出しているので当然いい音がする。

ただ、オーディオデータを読み込むことになるので非常に大きなデータ容量を食う。

例:EXS24、Ultrabeatなど。

FMシンセサイザー

Frequency Modulationの略。

2つ以上の音をぶつけて新たな音を生み出す方式。

PCMシンセと違いむちゃくちゃ動作が軽い。

が、その特性上どんな音ができるかまったく予想がつかない。

例:EFM1など。

物理モデリングシンセ

他のシンセサイザーが「音そのもの」だけを合成するのに対し、音の波形や減衰だけではなく、楽器の材質(木なのか、金属なのか)、サイズ、弦の長さ、太さなどをすべてデータ上でシミュレートし、「楽器そのもの」を合成するとんでもないシンセサイザー。

非常に操作が難しい。

例:Sculptureなど

以上がだいたいのシンセサイザーの種類となります。

でも全部は覚えなくていいです。

各パーツ、その役割

シンセサイザーは完成した楽器と違い、自分の欲しい音を自分で創り出さなければなりません。

そのためには、シンセサイザーの各パーツが、一体どういう役割を果たしているのか、触ればどう変化するのかを知っておく必要があるでしょう。

①VCO(Voltage Controlled Oscillator )、オシレーター

シンセサイザーの心臓部分です。

Logic Pro。シンセサイザー

だいたい、「OSC」だとか「VCO」だとか書かれています。

「oscillator」とは、発振機という意味です。

ここでは、とてもシンプルな、クセのない状態の波形を出力します。

波形とは、いわば「音」の最小単位です。

サイン波、矩形波、三角波、ノコギリ波、パルス波、ノイズ波などがあります。

それぞれ波形ごとに音の特徴があり、自分の作りたい音に合わせて波形を選ぶ必要があります。

例えば、EDMのコードなどでよく使われるギラギラしたコード音や、バイオリンなどは「ノコギリ波」、サックスオーボエなどのリード楽器なら、「パルス波」。

フルートや口笛は「サイン波」が最も近い、といった具合です。

それぞれの波形がどんな音なのかをよく聞き、覚え、自分の求めている楽器の音がどの波形に近い音なのかを理解していくと最適な波形を選べるようになるでしょう。

こんな記事も読まれています