人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

7弦ギターや12弦ギターなど多弦ギターの魅力

通常6弦〜1弦のアコースティックギターやエレキギターだけではなく、世界中には様々な多弦ギターが存在します。

いくつかご紹介しますので、まだ知らない方は是非チェックしてみてください。

7弦ギター|ヘヴィーサウンドの進化系

Ibanez UV777P-BK

主に6弦ギターの低音弦に1本追加する仕様の7弦ギター。

エレキギターの場合の特徴としては、主にヘヴィーな音を求め歪ませて使用されます。

多くのギタリストに愛用されており、現在では馴染み深いサウンドになっているのではないでしょうか。

12弦ギター|独特の響きが美しい

ST12-98TX

12弦ギターは、通常の6弦にそれぞれにオクターブまたはユニゾンにチューニングされた弦を追加するタイプのものが主流です。

6弦から3弦(E-A-D-G)には1オクターブ高音の弦が、2弦から1弦(B-E)には同じ弦が、付加されています。

サウンドは「キラキラした響きの美しいサウンド」が特徴です(コーラス・エフェクターの効果に近い)。

主にアコーティックギターでの仕様ですが、奏法や運指的には6弦ギターと大きく変わらないので、多くのギタリストに愛用されています。

8弦ギター|ギタリストや音楽により様々に変化

RG8PB-SBF

8弦ギターは通常の6弦に、高い弦もしくは低い弦を追加したものです。

低音弦側に2本追加した場合、チューニングは「F#-B-E-A-D-G-B-E」が一般的ですが、高音弦側を2本追加したもの、低音弦、高音弦にそれぞれ1本ずつ追加したものなど、ギタリストや音楽によって様々な組み合わせパターンがあります。

アコースティック、エレキギター問わず様々なタイプのギタリストに使用されています。

ネックの太さや適合するピックアップが少ないことから、大手メーカーによる生産を待ち望む声が多いようですが、メジャーシーンではまだ少数のギタリストの使用だけにとどまっています。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています