スタジオラグへおこしやす - バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

マーシャル・ギターアンプの使い方から代表機種まとめ

Marshallはイギリスのギターアンプメーカーです。

ギタリストの方ならロゴはもう見慣れているかもしれませんね!

ギターアンプの王様的存在で、世界中のギタリストに愛されています。

ギターアンプの王様の「Marshall」

DV016_Jpg_Large_430977.306_angled_V

http://www.guitarmusician.com/half-stack-guitar-amps.php?offset=16

Marshallはなんといってもエレキギター特有の「歪み」に特化しているアンプです!

真空管アンプ」や「チューブアンプ」とも呼ばれ、「ヘッド」と呼ばれる部分に真空管(電球みたいなやつです)が装備されており、「キャビネット」(通称キャビ)に埋め込まれた大型スピーカーから音が出力されます。

音の特徴としては、真空管アンプならではの暖かみのあるディストーション系の歪み、そして高音と低音に伸びがあり、中域が豊かな傾向があります。

好みはあると思いますが、エレキギターの音で思い浮かべる理想の音のほとんどがこの音です。

大音量アンプの代名詞的存在で、多くのミュージシャンのライブやレコーディングで使用されています。

ロックミュージックと共に歩んだ半世紀

bls

http://rowbinet.co.uk/category/news/amp-news/marshall-amplification/marshall-golden-jubilee-50th-anniversary-2012/page/3/

1960年にジム・マーシャルが小売店「マーシャル・ショップ」を開業し、1962年に、最初の自社製作アンプ「JTM45」を発表し、アーティスト達の注目を浴びます。

Marshall JTM45

Marshall JTM45

その後、ロックミュージックの大衆化によってアンプの大音量、大型化の要求が強まりました。

そして、ジミ・ヘンドリックスジミー・ペイジリッチー・ブラックモアなど、著名なミュージシャンが次々とマーシャル社のアンプを使用し、ステージ後方に壁のように置かれたアンプ群は、ロックバンドの一つのスタイルとして定着しました。

現在ではライブハウスやスタジオなどにも常備がされており、より身近なギターアンプとして地位を確立しています。

リッチー・ブラックモア

http://my-tsurezure-story.blogspot.jp/2010/03/blog-post_09.html

あなたにオススメ

こんな記事も読まれています