- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

作曲が楽しくなる機材。Native Instruments「Maschine」

「打ち込みって面倒くさそうだなぁ」

そう思っている方にこそ使ってもらいたいDAW機材、その名もMASCHINE!

トラック作りを強力にサポートしてくれる製品です。

メーカーであるNative Instuments(ネイティブインストゥルメンツ)の公式HPによると、この機材の肩書きは「グルーヴ制作スタジオ」です。

具体的に何ができるのかと言うと……。

実は、それを伝えるのが一番難しいところ。

多機能で、類似した製品もないので、短い言葉で全てを説明しきるのは大変難しい。

そこで、自分が実際に使ってみて「すげぇ!」と思った点だけをかいつまんで、Maschineの魅力を伝えていこうと思います。

これ1台で曲が作れる!

作曲が楽しくなる機材。Native Instruments「Maschine」

本体のデザインを見て、まず目に留まるのはマルチカラー仕様の16個のパッド。

このMaschine本体はあくまでコントローラーなのでPC/Macとつながないと動作しません(オーディオインターフェイスも必要)。

PC/Macの中にある音源を、このパッドを叩いて鳴らすというわけです。

基本はドラム音源。

16個のパッドにキック、スネア、ハイハットなどのサンプル音源をアサインし、パッドを叩いて演奏します。

Maschineソフトウェアにはなんとなんと8GB相当、合計8627種類のサンプル音源が付属しており、アコースティック・キットからドラムシンセ・サウンドまで、膨大なプリセットが用意されています。

可能性は∞(無限大)です。

もちろんソフトウェア界のトップブランドNative Instrumentsだけあって、著名なサウンドデザイナーやプロのアーティストを迎えて作られたサウンドのクオリティは折り紙付きです。

リズムだけではありません。

キーボード・モードにすれば、16個のパッドはその名の通りキーボードとして機能し、音階を入力できます。

つまり、リズムからベースライン、上モノやメロディの打ち込みまで全てがこのMaschineだけで完結できちゃうのです!

Native Instruments

↑Maschineソフトウェアのメイン画面。

一般的なDAWソフトウェアと同じく、左側のブラウザ領域で音源やプロジェクトファイルを選択。

右側の領域で入力と編集を行い、トラックを作り上げていきます。

こんな記事も読まれています