人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

よくわかるマスタリング・オンラインマスタリング

マスタリングとは収録各曲の質感や音圧感、曲間などを調整し、各種必要な情報の打ち込みや原盤を製作する、音源制作における最終行程です。

作品全体の音質の良し悪しだけでなく、録音芸術としての作品そのものの出来をも大きく左右する重要な行程となります。

そんな大切な行程だからこそ「音楽を知り尽くした経験豊かなエンジニアに依頼したい」と思う方も多いのではないでしょうか。

本日はオンラインマスタリングについてお話ししたいと思います。

マスタリングとは?

マイク

本来の意味の「マスタリング」はプレス工場で原盤(スタンパー)を製作することです。

ミックスダウンされた音源の音質、音圧の調整、曲間の調整、フェードイン、フェードアウトの調整、CDの目次となるPQコード、楽曲の識別コードであるISRCコードの埋め込みなどを行い、プレス用マスターを作成する行程は、正確には「プリマスタリング」と呼ばれます。

ただ、今では「プリマスタリング」の行程も「マスタリング」と呼ばれるのが一般的です。

マスタリングは「ミックスダウン」とよく混同されますが、「ミックスダウン」とは録音された各楽器の音質やバランスなどを調整して2トラックマスター(2ミックス)を作成することであり、マスタリングはその2ミックスに対して調整を行う行程です。

「ミックスダウン」で満足いく音質になったのに「マスタリング」をする必要があるの?と疑問に感じると思いますが、複数楽曲を並べて聴く際にどれだけうまく調整しても音質や音量に差が出てしまいます。

その差を調整する行程として「マスタリング」は非常に重要な行程と言えます。

例えるなら「ミックスダウン」は作品を形作る行程、「マスタリング」は作品を磨きあげ奇麗に並べる行程と言えるでしょう。

具体的にどう変わるのか動画で見てみましょう。

オンラインマスタリングって?

文字通りオンライン環境を使ったマスタリングのことで、インターネットでオーディオデータをスタジオへ送信して発注し、マスタリングした音源を再びオンラインで受け取ることができるサービスです。

通常だと、マスタリング作業はミュージシャンやディレクターの立ち会いのもと、マスタリングエンジニアが専用のスタジオで作業することが大半。

でも、このオンラインマスタリングならわざわざスタジオまで足を運ばなくても作業を依頼することが可能になります。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています