ギターをもっと楽しむWebマガジン
menusearch
MATCHLESS

マッチレス・アンプ 体験したい最高のギターアンプ MATCHLESS

MATCHLESSというアンプメーカーをご存知でしょうか。

ブティックアンプやハイエンドアンプなどと称されるアンプメーカーの中でもその代名詞と言えるアメリカのアンプメーカーです。

代表機種はDC-30という30WのモデルでVOX AC-30を範として設計されたようです。

MATCHLESS – オールアクセス

敢えてクリーン~クランチに特化

マーク・サンプソン氏が1989年に設立したメーカーですが、1989年頃といえばほとんどのギタリストがよりハイゲインを求め、それに応じるような形でアンプメーカー側もよりハイゲインなアンプを作っていった時代です。

そのような時代にあって敢えてクリーン~クランチに特化したアンプを作り、90年代にそれが市場に受け入れられていきました。

太くパンチのあるサウンド

クリーンサウンドはとても太くパンチのあり、それでいて透き通るような音で、オーバードライブはエッジのきいた歯切れの良い音が特徴でしょうか。

30Wとはいえ2発の12インチスピーカーからはかなりの爆音を出すことが出来ます。

2ch仕様で左チャンネルが1ボリュームのクリーン担当、右チャンネルがマスターボーリューム付きで歪み担当となっていますが左チャンネルのボリュームを上げていくととても気持ちの良い絶品のクランチサウンドが得られます。

ただし爆音になりすぎて使えるシチュエーションはそうそうないのが残念です。

変則的なスピーカー

そして右チャンネルのマスターボリュームはバイパスさせることが可能です。

スピーカーも特徴的です。

セレッションの12インチが2発なのですが25Wと30W(耐入力)という違うスピーカーを積んでいます。

これらの点にMATCHLESSの拘りが見えるように思います。

MATCHLESSの魅力

そしてアンプ前面の「MATCHLESS」のロゴプレートは電源を入れると光ります。

それがまたかっこいいのです。

このアンプの音そして光るロゴマークに私は惚れこんでしまいました。

しかし価格が大きな壁となって立ちはだかります。

新品価格55万~。

http://www.audioline.it

http://www.audioline.it

9Wのミニアンプ

中古も考えましたが中古でも高い。

MATCHLESS社は96年に一度倒産しており数年後に復活。倒産前のいわゆるサンプソン期の物は新品の売価を上回ります。

しかも真空管アンプだけにコンディションも気になる、と購入に踏み出せない状態でした。

既にバンドで使う真空管アンプは既に持っていましたし。

そんな状態で悶々としていたときに、MATCHLESSから出力9Wのミニアンプが出るとの情報を得ました。

日本のみの販売で台数限定らしいとのことで早速いくつかの楽器店に電話で確認してみるも予約分のみ入荷で既に売切れあるいは1台も確保できなかったとの返答。

諦めていたらキャンセルが出たと連絡が入り、すぐさまその楽器店へ車を走らせ試奏させてもらって即購入し、無事家に連れ帰ってきたのであります。

それが私の愛すべきMATCHLESS 9 With Attitudeです。

http://www.kinkomusic.com

http://www.kinkomusic.com

高さ、横幅約30cm、奥行き約19cm、重さ約8kgの可愛いMATCHLESSです。

8インチスピーカーにコントロールはVOLUME,TREBLE,BASSそしてMASTERがあるので、クリーンからオーバードライブまで可能です。

もちろんDC-30には敵うはずもありませんがMATCHLESS「らしさ」は十分あります。

若干気になる点はボリュームを上げていくと比較的早い段階で歪み始めることでしょうか。

ローが出てこないのは8インチという小口径スピーカーゆえでしょう。

おおむね満足な出来の9WAであります。

こんな記事も読まれています