- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

関西のサーキット型音楽フェス「ミナミホイール」の魅力

1999年から毎年開催され今年で17回目となるMINAMI WHEEL(ミナミホイール)。

今回はミナホの愛称で長年親しまれているミナミホイールの魅力を皆さんにお伝えしたいと思います。

MINAMI WHEEL(ミナミホイール)とは

ライブイベント

ミナミホイールとはFM802が主催する毎年秋に大阪のミナミ一帯で開催されるサーキットイベントです。

1999年から行われ、今年で17回目の開催になるミナミホイールの最大の魅力はその出演アーティスト数の多さです。

今年は3日間開催され、出演アーティストも400組以上にも上るまさに音楽のお祭りです。

自分のお気に入りのアーティストを観るだけでなく、新しい音楽との出会いも楽しみですね。

またこのミナミホイールは多くの音楽ファンを魅了しているだけでなく若手アーティストの登竜門的な存在にもなっています。

運営事務局による審査はありますが、プロ・アマ問わず参加応募することが出来るので、頑張っているアーティストの皆さんは力試しのつもりで応募してみるのもいいですね。

すでに大変人気のある有名アーティストだけでなく、これからが楽しみなアーティストのライブもたくさん観ることが出来るのもミナミホイールの魅力です。

是非未来の人気アーティストを今のうちに見つけ出しましょう。

サーキットイベントについて

先ほど、ミナミホイールはサーキットイベントですと書きましたが、サーキットイベントとは皆さんご存知でしょうか?サーキットイベントとは地域一帯のライブハウスやクラブなどで次々にライブが行われ、お客さんは各会場を自由に行き来して好きなアーティストのライブを観ることが出来るイベントのことです。

会場となる各ライブハウスやクラブを野外フェスで言う各ステージに置き換えて考えて頂ければ分かりやすいかと思います。

そう考えると、サーキットイベントは街全体を使ったフェスと言え、考えただけでワクワクしますね。

このサーキットイベントは関西で言えば、同じく大阪ミナミ一帯で行われる見放題や神戸のネコフェス、またスタジオラグも会場の一部となった京都のいつまでも世界は…など多くのイベントが開催されています。

この様々なサーキットイベントに共通する特徴のひとつとしては、普段ライブハウスに来ない人をライブハウスに呼び寄せるという目的があることだと思います。

近年各地で多くの野外フェスが行われるようになりましたが、フェスには参加したことがあるけどライブハウスには行ったことがないという方が多いのではないでしょうか。

そんな方がライブハウスへ足を運ぶキッカケとなるように、イベントによっては付近のカフェや商店街の広場などに無料で観られるステージを作っている場合もあります。

またもう1つの特徴としては、地域に密着したイベント作りを行っていることが多いです。

先ほども述べましたが、付近のカフェや商店街にステージを設けたり、付近のお店でイベントと連携したサービスがあったりとサーキットイベントを目当てに来たお客さんが同時にその街を楽しんで帰られるような工夫もなされています。

このようにライブハウスに足を運ぶ人が増えることや、それぞれの地域が音楽のお祭りをキッカケに盛り上がることは筆者も一音楽ファンとしてはとても嬉しく素敵なことだと思います。

こんな記事も読まれています