- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

自宅で使えるオススメの練習用小型ギターアンプ

「小型のギターアンプが欲しい!」

「自宅で鳴らせるギターアンプにはどんなタイプがあるの?」

ギターを始められた方で、そうお考えの方も多いのではないでしょうか。

今回は、自宅で本格的に使えるオススメのギターアンプを紹介したいと思います。

音を鳴らして練習するほうが上達します。

エレキギターやエレキベースにおいては、必ずアンプに繋いで、出力されている音を確認しながら練習するほうが必ず上達します。

特に初心者のときは「どこが弾けていないか・弾けているか」「しっかり音は鳴っているか」などを確認にも使えますし、音作りの基礎要素の理解へもつながります。

小さい音でもわずかなタッチの差、ニュアンスをつかむためにも、自宅にギターアンプが一台あったほうが良いでしょう。

自宅でも鳴らせるギターアンプはどんなのがあるの?

大きく分けて3種類あります。

5~20wの小型タイプ

エレキギターの初心者セットにも、付属してくる小型コンボアンプと呼ばれるタイプ。

とりあえず音を出すタイプから通常の大型アンプのように設定できるタイプまであります。

重さも軽く、コンパクトなので置き場所も困りません。

多機能!ヘッドホンでの練習でも使えるアンプシミュレーター付アンプ

小型と言えど、深夜などの練習の際には、音が気になりますよね。

思い切って演奏できなくて肝心の練習もはかどらなくては意味がありません。

そこで活躍するのが「ヘッドホン機能」「アンプシミュレーター機能」を搭載した自宅用ギターアンプです。

ヘッドホンやイヤホンを差しても、その音は実際生で鳴っているかのようにシミュレートされた音が出力されるため、練習では活躍します。

大音量でも鳴らせる真空管・小型ヘッドアンプ

真空管が搭載されている「温かい音」「大音量」が特徴の大型真空管アンプは、基本的にライブ会場や練習スタジオに常備されておりますが、近年ではそのサウンドを自宅でも体感できる「小型の真空管アンプ」も発売されています。

より高いゲイン(入力感度)で、音量が小さくても存在感の高い音質で、鳴らせます。

こんな記事も読まれています