- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

京都の夏フェス・ロックフェス「京都大作戦2016」出演アーティスト

京都の夏フェス・ロックフェス「京都大作戦2016」の気になるラインナップをプレイリストでまとめていきます!

もくじ

源氏ノ舞台

睡蓮花|湘南乃風

「睡蓮花」MV


恐らく日本で最も有名なレゲエグループ湘南乃風が今年も京都大作戦に出演します。

レゲエグループでありながらもロックフェスへの出演にも積極的で、大作戦にも過去複数回出演されています。

ライブではレゲエ独特のみんなでタオルを回すというのもロックキッズには新鮮で楽しいことまちがいなしですよ。

Jump Around|Fear, and Loathing in Las Vegas(フィアー・アンド・ロージング・イン・ラスベガス)

[PV]Jump Around/Fear, and Loathing in Las Vegas


Fear, and Loathing in Las Vegasがついに京都大作戦に登場です。

ファミコンの音楽のようなピコピコサウンド、力強いシャウト、そしてオートチューンの効いたクセになる歌声と魅力たっぷりで最初はなんだこれ!?となる方もおられるかもしれませんが、聴けば聴くほどハマっていきますよ。

そしてご紹介しているJump Aroundはとにかく夏にピッタリな曲。

真っ青な空がとっても似合う曲で、夏の始まりを告げる大作戦にはぴったりです。

ラスベガスのライブ中は晴れて欲しいですね。

RIVER|10-FEET(テンフィート)

10-FEET「RIVER」


京都大作戦を主催する京都の3ピースロックバンド10-FEET。

メンバーの優しさが溢れる歌詞やライブがとても魅力的です。

このRIVERはライブで演奏される際にはその会場の近くの川の名前を歌詞に入れて歌われることが定番です。

京都大作戦では会場がある宇治市に流れる宇治川と歌詞を変えて歌われますよ。

また照明をすべて落として客席でライターや携帯電話の光を灯すのも定番です。

とっても綺麗で心が洗われるような気持ちになりますよ。

金色グラフティー|ROTTENGRAFFTY(ロットングラフティー)

金色グラフティー / ROTTENGRAFFTY


京都出身の5人組ロックバンドROTTENGRAFFTY。

さまざまな困難を乗り越え結成以来メンバーチェンジなしで活動を続けてきた彼らのライブは並の熱さではありません。

そんな彼らの代表曲といえばやはりこの曲ではないでしょうか。

ノリがよく、体を動かしながらライブを楽しみたくなりますね。

毎年京都大作戦での彼らのライブは凄まじいです。

swim|04 Limited Sazabys(フォーリミテッドサザビーズ)

04 Limited Sazabys『swim』(Official Music Video)


メロコア好きはもちろん、今までメロコアを聴かなかった層のファンをも獲得しメロコアの壁を壊したとも言える04 Limited Sazabys。

幅広い層からどんどん人気を集めて行っていますね。

彼らの特徴はやはりVo.Ba.GENのハイトーンボイス。

さらにキャッチーな楽曲とレベルの高い楽器隊という3つの要素が揃ったバランスが最大の魅力ではないでしょうか。

Punk Rock Dream|Ken Yokoyama(横山 健)

Ken Yokoyama “Punk Rock Dream” 【PV】


Hi-STANDARDのギタリストとして日本のメロコアシーンを牽引したKen Yokoyama。

ライブを見に来たからにはただ単に楽しいだけではなく、何か持って帰ってもらいたいとさまざまなメッセージを投げ続ける熱い姿勢には胸を打たれます。

BIG UP|WANIMA(ワニマ)

WANIMA -BIG UP(OFFICIAL VIDEO)


MONOEYESと並んで今全国のフェスに殴り込みまくっている3ピースバンド、WANIMA。

ハイスタのKen Yokoyama率いるPIZZA OF DEATHからデビューということでデビュー当時から大変話題になっていましたよね。

彼らは「良い歌」と「エロい歌」両極端な楽曲が持ち味でそのギャップも人気の秘密かもしれませんね。

この曲は「エロい歌」の方です。

こんな記事も読まれています