DTM@RAG
DTMをもっと楽しむWebマガジン
menusearch
最終更新日:|61,236 view

人気のおすすめモニターヘッドホンの種類と選び方

レコーディングやDTMにおすすめのヘッドホンを知りたい!

今回は音楽を制作するなら1台は持っておきたい、プロオーディオメーカーのモニターヘッドホンをご紹介します。

ヘッドホンを選ぶことは、音の基準を作ること

皆さんは普段どのように音楽を聞ていますか?

パソコン内蔵スピーカー、オーディオスピーカー、イヤホン…など、リスニング環境によって聞こえ方が全く異なることはみなさんも経験的に感じていると思います。

そしてレコーディングやマスタリングの現場ではこれら想定して、どんな状況や環境で聞いても良いバランスで聴けるように調整をおこないます。

愛用のヘッドホンでさまざまな音源をモニターすることは、音の基準を作り、耳のレベルを鍛えていくことにつながります。

録音時も制作時も使えるヘッドホンを探す

ヘッドホンは外部に音を漏らさず音をモニターする機器として、リスニングやDJなど用途別にさまざまなタイプがあります。

その多くは音楽そのものを楽しむために作られたもので、音楽的な味付けが施されていることが一般的です。

一方で音楽制作用に作られたヘッドホンは、比較的フラット(均一)な音質で高い解像度(明瞭度)をもつため、細かい音を聞きわけるのに適しています。

また、長時間装着することを想定して作られているので、耳への負担をなるべく軽減できるように、耳を覆うぐらいの大きさが特徴です。

レコーディングやDTM環境では、必須のアイテムなので一台は持っておくとよいでしょう。

参考:

ヘッドホン選びの際 よく出てくる用語

密閉ダイナミック型

密閉型(クローズドタイプ)は耳全体を覆って、外部の音を遮断するタイプのことで、音楽制作用のヘッドホンの大半はこのタイプです。

開放型(オープンエアータイプ)はその逆で、背面が開放されているため外部の音が聞こえます。

一般に高音が良く伸び音がこもらない反面、低音はやや弱い特性を持ちます。

主にDJ用として使用されることが多いです。

「ダイナミック型」は、スピーカーの駆動方式の種類で、一般的なヘッドホンの大半はこちらにあたります。

ステレオ標準プラグ

端子の直径が6.3mmの3極プラグのことです。

オーディオのヘッドホン端子などに接続する際に使用します。

ステレオミニプラグ

端子の直径が3.5mmの3極プラグのことです。

主にイヤホンや小型ヘッドホンに多いタイプです。

スマートフォンやウォークマンのイヤホン端子などへ接続する際に使用します。

再生周波数帯域

通常の音楽フォーマット(CDやWAVファイルなど)は、20Hz~20kHzとされています。

これは人間の耳で聞こえる可聴周波数帯域に合わせられています。

ヘッドホンのタイプによってはそれらを超える再生が可能ですが、メーカーによって測定方法もまちまちなので、再生機器やソフトの対応にも左右されるため「上位機種のヘッドホンは周波数帯域が広く設定されている」程度に覚えておいてください。

おすすめの記事あわせて読みたい