人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

【スキルアップ】音楽系の資格・検定10選

「音楽関係の資格ってなにがあるの?」

「知りたい分野だけど勉強するきっかけがない」

そんなことをお考えのあなたのために、取得してお仕事に生かせるものや認定試験をきっかけに学べるものまで、音楽関連の資格・検定をいくつか紹介しますね!

音楽関係の資格・検定10選

ピアノ調律技能士

ピアノ調律技能士は、厚生労働大臣から認可された社団法人日本ピアノ調律師協会が実施する資格で、ピアノの調律に関する技能を一定の基準により検定し、国として証明する技能士資格です。

ピアノ調律技能検定試験は1級、2級、3級の3種類の等級のいずれの等級からでも受検できます。

ただし、受検に際しては各級毎に受検資格があります。

ピアノ調律師を目指すのであれば必須の資格です。

一般社団法人日本ピアノ調律師協会

ヤマハ音楽能力検定制度

ヤマハ音楽能力検定制度とは、通称ヤマハグレードと呼ばれているもので、耳にしたことがある方も多いでしょう。

ヤマハグレードには、ピアノレッスンに通っている生徒の方などの学習者が受ける演奏グレードと、講師の方や講師を目指す方が受ける指導グレードなど、さまざまな難易度の級が用意されており、幅広い年齢・スキルの方が挑戦できます。

演奏関連の資格では国内でも最大とも言えますので、特に指導者を目指す方は挑戦してみるとよいでしょう!

ヤマハ音楽能力検定制度

MIDI検定試験

MIDI規格とは、日本の電子楽器メーカーが、海外のメーカーと共に協議し実現した世界共通の規格のことです。

MIDI検定とは、MIDIを理解し活用できる人材育成のための認定制度です。

4級、3級、2級があり、DTMやコンピューターミュージックにとって必要な知識を取得することができます。

一般社団法人 音楽電子事業協会

参考:MIDIが良く分かる。バンドマンのためのDTMの基礎知識

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています