- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

バンドPV・ミュージックビデオの制作がいくらかかるのかを徹底検証!

PV = プロモーション・ビデオ。

インターネットの発達で、動画や音声を使った効果的なプロモーションを個人でできる時代。

自分達のバンドや曲を売り出すには、今やPVは欠かせない存在となりました。

今やPVは欠かせない存在に

新譜を購入するきっかけの約7割が「映像」

音楽メディアユーザー実態調査

音楽好きなリスナーなら1日1度はアーティストに関する映像を目にしています。

アーティスト新譜を購入したり知るきっかけになりやすいのが映像媒体です。

※一般社団法人 日本レコード協会:2009年度「音楽メディアユーザー実態調査」より

音楽を聴く人はテレビよりYouTubeの方をよく観ている

音楽メディアユーザー実態調査

※一般社団法人 日本レコード協会:2009年度「音楽メディアユーザー実態調査」より

自分たちのバンドを知らない人にアピールできる

購入する前に試聴し放題なわけですから、ここでの印象が「ファーストインプレッション 」になることが多いわけです。

もちろんレコード会社やレーベル関係の方の目にもとまりやすくなります。

視覚的に伝わる、伝えやすい

どんな言葉が使われているか、どんなファッションなのか、どんな人が演奏してるか。

人間の外部情報は83%が視覚からのものと言われてます。

つまり「どんなバンドなんですか?」と口コミで伝わる場合も、「こんなバンド!」と伝達しやすいわけです。

コチラのサイトがたいへん参考になりました。

ぜひ読んでみて下さい。

失敗しないバンドのためのPV入門

その裏で、音楽を買わないきっかけもPVになりつつある?

もちろんバンドを知るきっかけがPVという方が多くなってきた結果です。

それを見て「自分の好み」でなければ、「共感ができなかった」「魅力が伝わらなかった」など別の印象も当然伝わってしまいます。

音源を含め、映像もクオリティーが大事

撮影イメージ

ざっくりですが、以上のことを踏まえると自分たちの魅力を存分に発揮、リスナーに伝えるには妥協しないレコーディング制作から映像制作も大切な作業になってきます。

制作すべてにかかってくる費用の種類

機材費・構成費・撮影費・編集費・役者費用・スタジオ料金・楽器レンタル料金・ロケ地料金・メイク・雨等の特殊撮影費……など言い出したらキリがない世界です。

こんな記事も読まれています