人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

定番のフェイズシフター/フェイザー・エフェクター MXR Phase90

如何にもヴィンテージ・エフェクターというような印象深いオレンジのボディカラーにボタンタイプのフットスイッチ、コントロールもSPEEDのツマミがひとつだけ、という非常にシンプルなルックスが特徴のMXR社Phase90は、フェイザーの元祖と言っても過言ではないモデルです。

フェイザーのスタンダードへ

そのフェイズサウンドは未だにプロ・アマ問わず多くのギタリストに支持され、同社のPhase45、100のシリーズはもちろん、他社のフェイザーと比較してもスタンダードな位置づけとなっています。

Phase90が日本で発売されたのは1975年頃なので、実に40年近くも前のことになります。

発売当時の70年代に台頭したファンク・ミュージックやクロスオーバーのなどのジャンルでは、ギタリストにとってフェイザーは欠かせないエフェクターでした。

Edward Van Halen

Edward Van Halen

MXRがPhase90を発表する前にも、マエストロやユニヴァイヴといった有名メーカーからフェイズサウンドを生むエフェクターは発表されていたのですが、いずれもエフェクターとしては大型で、しかも高価だったこともあって一気に普及するような状態ではありませんでした。

ギタリストの間で爆発的にヒット

そこに手のひらサイズのコンパクトなPhase90が登場したことで、当時のギタリストの間で爆発的にヒットしたことは容易に想像できます。

もちろん、コンパクトさだけがヒットの原因ではなく、そのサウンドが受け入れられたことは言うまでもありません。

また、ファンクやクロスオーバー系のギタリストだけでなく、ハードロックのギタリストにもマスト・アイテムとして普及しています。

フェイズ・サウンドとは

それほどギタリストにとって人気があるPhase90ですが、ギターを始めて間もない初心者を始め、若い年齢層のミュージシャンにとってフェイズ・サウンドというもの自体馴染みが薄いかもしれません。

フェイズ・サウンドとは、リアルタイムの音と位相を変えた音の二つを干渉させ、いわゆる「うねり」を作り出した音のことです。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています