- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

バンド初心者のための。3ヶ月で初ライブを成功させる18のヒント【2017】

「バンドを始めたばかり…でも早くライブがしたい!」

「学園祭のライブまであとたった3ヶ月しかない…」

今回はバンド初心者の方が短期間で初ライブを成功させるためのヒントを、ESPエンタテインメントさんにポイントを絞って解説していただきました!

音楽・芸能と声優の音楽専門学校 ESPエンタテインメント

1. 目的を確認する

目的を確認する

http://jp.freeimages.com/

まずは何のためにライブをやるのか、その目的を確認しましょう。

自分達の曲を聴いてもらうため、趣味のため、チャリティのため…。

そしてどんな目的であれ、おそらくほとんどの場合はお客さんを満足させなければなりません。

つまり、いかに集客をして、いかにお客さんを盛り上げるかを、ライブまでの短い期間の中で演奏技術の向上と同じくらい真剣に考えなければなりません。

2. 目的にあった曲を選ぶ

目的にあった曲を選ぶ

http://jp.freeimages.com/

曲選びで重要なこと、それは顧客視点を持つことです。

例えば、お客さんを盛り上げることを目的とします。

この場合、ライブを盛り上げるためには、自分がやりたい曲ではなく、お客さんが聴きたい曲を選曲することが必要になります。

お客さんに人気のありそうな曲を10〜20曲くらいリストアップして、その中でできるだけシンプルで難易度の低い、わかりやすいものに絞り込んでいきましょう。

そして曲が決まったら、スマホに入れてとにかくその曲を聴きまくってください。

3. パートの役割りを確認する

パートの役割りを確認する

http://jp.freeimages.com/

実際に音を出す前にまず知っておきたいのは、自分のパートはどんな役割なのかということ。

音楽は「メロディ」「ハーモニー」「リズム」の3つ要素で成り立ってます。

メロディ:音の高さが様々に変化しながら進行していく

ハーモニー:複数の高さの音が重なり合いながら変化し、進行していく

リズム:音の時間的な長さが、一定の規律、パターンに従って進行していく

音の三要素、音楽の三要素 – acoutis

一番分かりやすい方法が、バンドスコアを見て視覚的に確認する方法です。

例えば、

  • ギターはどんなこと弾いているのだろう?
  • ドラムはどんなビートを叩いているのだろう?
  • ボーカルにハモリはあるのか?
  • ほかにどんな楽器が鳴っているのか?

それぞれのパートには、楽曲をその曲「らしく」している明確な役割がありますので、まずバンドの中での自分の役割を確認しましょう。

これが明確になると、自分のやらなければならないことの優先順位が見えてきます。

こんな記事も読まれています