人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

【二階堂のCM】人気のCM・歴代コマーシャルまとめ【2019】

熱球的ファンが多いことで知られている二階堂のCMシリーズ。

1987年から発売されているので、かれこれ30年以上放映されていることになります。

比較的高い年齢のファンが多いと思われますが、きっと若い世代にも響いているはずです。

このシリーズはまた見たいと思えますよね!

たくさん集めましたのでどうぞご覧ください!

【二階堂のCM】人気のCM・歴代コマーシャルまとめ【2019】

「伝え合う力」篇

2018年に公開された二階堂の「伝え合う力」編と題されているCM。

世の中にあふれているさまざまな歯車を職人の仕事と例えている、とても地味ながらも渋さを感じるCMですね。

後半に出てくる言葉、「美しい秘密が世界を動かしている」というキャッチコピーはまさに「粋」な言葉です!

ジンワリと心に残りこの商品の魅力を伝えてくれます。

「人生の特別な一瞬」篇ライブラリー音源

2017年公開されていた「人生の特別な一瞬」編。

カメラを持って旅をする年長者をバックに、詩人や文学者として古くから活躍している長田弘の言葉がとても印象に残るCMです。

これまでの二階堂のCMに比べると、とても明るくポップな印象を持つ仕上がりですが、これはこれで楽しげな雰囲気がいい気持ちにさせてくれます!

「島影の詩」篇マリオネット

2017年に公開された「島影の詩(うた)」編です。

撮影の舞台となっているのは、長崎県北松浦郡は五島列島北部の小値賀町と本土北部の佐々町からなる人口16000人ほどの小さな街です。

海辺の近くで暮らす人々の仕事ぶりや職人技から、そのまちの風景まで、短い時間の中でたっぷりと伝わる内容になってておもしろいです!

「還っていく夢」篇マリオネット

2016年に公開されていた「還っていく夢」編です。

マンドリンの音色が気持ちのいいこの曲は、ポルトガルギターとマンドリンによるアコースティックデュオ、マリオネットによるものです。

CM内でもさまざまなマリオネットが登場し、いろんな風景と混ざり合い揺れています。

今回の映像は、福岡県と佐賀県で撮影されているようです。

「孤独の風」篇

2015年に公開されていた「孤独の風」編です。

タイトルにもあるとおりのような風景が映しだされるCMで、見ているとどこかさみしげ気持ちになってしまいます。

でも、こんな孤独で哀愁のある風景がとても味わい深く、ここに出てくる老人のように1人静かに絵を描いて過ごすというのも、憧れる人もいるのではないでしょうか?

「心を刻む線」篇

2013年に公開されていた「心を刻む線」編です。

今回のCMでは、小さなころの思い出を振りかえるような作風になっており、子供のころの純真な気持ちを忘れかけた大人には胸を打つ言葉が出てきていますね。

内容と同様に、撮影場所には九州各地の学校などがメインに使われており、そんな気持ちをよりいっそう高めてくれます。

「黄昏の想い出」篇酒井義久

2011年に公開された「黄昏の想い出」編です。

今回の撮影は二階堂の会社がある大分県のほか、福岡県、佐賀県、山口県でもがおこなわれたようです。

哀愁漂う雰囲気のCMではありますが、前向きになる言葉がとてもいい気持ちにさせてくれます。

過去を振りかえりつつも前向きにとポジティブな気持ちになれるCMです。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています