- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

定番の童謡メドレー。歌い継がれる日本のこころ

はるか昔より歌い継がれてきた童謡。

子どもの頃におばあちゃんやお母さんから歌ってもらったり、歌った経験があるのではないでしょうか?

今回はそんな定番の童謡を集めました。

昔懐かしい楽曲揃いですので、小さい頃の記憶をよみがえらせるプレイリストではないでしょうか。

もくじ

定番の童謡メドレー。歌い継がれる日本のこころ

きらきらぼし|作詞:ジェーン・テイラー/作曲:フランスシャンソン

きらきらぼし (Kira Kira Boshi) – Twinkle Twinkle Little Star in Japanese


日本でだけではなく世界中で愛されている童謡です。

英語では「TEINKLE, TINKLE, LITTLE STAR」で、日本語訳は原曲に忠実に翻訳されています。

ピアノ曲としても有名でバイエルンの初期の曲には含まれています。

鬼のパンツ|作詞:田中星児(うたのお兄さん)

Japanese Children’s Song – Oni no Pants – おにのパンツ


NHKの歌のおにいさんが歌って広まったおもしろい歌です。

曲はイタリアのオペラをベースにしているので、イタリア風なメロディーになっています。

聴くだけで笑える曲です。

丈夫な鬼のパンツをなぜはかないといけないのか疑問ですが。

赤鼻のトナカイ|作詞:作曲:ジョニー・マークス

赤鼻のトナカイ


クリスマスの定番曲でもあるこの曲は、「ルドルフ 赤鼻のトナカイ」という大ベストセラーの児童書を元に、アメリカのジョニーマークスが作詞・作曲され、こちらもビルボードチャート1位を獲得した名曲です。

クリスマスソングでありながら、子供たちに勇気と希望、そしてサンタの優しさを感じるストーリー性が、今なお愛され続ける理由です。

森のくまさん|アメリカ民謡

森のくまさん


アメリカのボーイスカウトソングを和訳したものです。

コミカルな掛け合いの歌詞で合唱曲として人気です。

クマさんと女の子の会話で物語がすすんでいきます。

怖いクマさんかと思いきや実は親切なクマさんだったという落ちがいいですね。

カエルの合唱|作詞:岡本敏明/作曲:ドイツ民謡

Japanese Children’s Song – 童謡 – Kaeru no gasshō – かえるのがっしょう


梅雨の季節に大合唱するカエルたちを真似て次々に歌う、輪唱の代表曲である「かえるの合唱」。

もともとはドイツ民謡、作詞は岡本敏明さんです。

岡本さんはこの歌の他、「どじょっこふなっこ」や日本全国数々の校歌作曲も手がけています。

大きなふるどけい|作詞:作曲:ヘンリ・クレイ・ワーク

大きな古時計


元はアメリカの曲で、日本語訳されました。

おじいさんの人生を物語る歌詞で、おじいさんと時計の歩んできた時に感動すら覚えます。

もう動かなくなってしまった時計がさびしいですが、きっと時計もおじいさんもいい人生を歩んできたんだと思います。

あわてんぼうのサンタクロース|作詞:吉岡治/作曲:小林亜星

Awatenbou no Santa Claus あわてんぼうのサンタク


クリスマスの定番曲として子供たちに大人気のこの歌。

もともとクリスマスという風習がない日本には当然、クリスマスソングなるものはありませんでした。

そこで作られたのがこの「あわてんぼうのサンタクロース」です。

つまり、英語訳ではなく、日本人が作った歌なのです。

キャッチーなメロディを付けたのは、タレントとしてだけでなく、数々のCMソングの作曲で有名な小林亜星さんです。

こちらもオススメ!

こんな記事も読まれています