人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

ナットの摩擦を減らしギターチューニングを安定させる究極の潤滑剤、ナットソース!【BIG BENDS Nut Sauce】

「ほろよい」の新作、ゆずがとても気に入ってるテラムラです。

飲むのは好きですが飲むと眠くなりやすいので、まだやらなきゃけないことがあるけどちょっとだけ飲みたいなぁという時に3%という手軽さがちょうどいいですね。

さてさて、僕の考える良い楽器(ギター)の条件のひとつに「チューニングやピッチの安定性」がありますが、本日はそれと深く関係するナットソースのお話し。

ナットの摩擦を減らしギターチューニングを安定させる究極の潤滑剤

BIG BENDS Nut Sauce

ギターを弾く方はチューニングしている時に「ピキピキッ」というイヤーな音を1度は聞いたことがあると思います。(※特にアコギに多いイメージ……)

こういった症状が起きるのはナットやストリングガイド、ブリッジサドルなど、接弦部分のひっかかりや摩擦が原因です。

ナットを切る技術はリペアマンの腕の見せ所と言われ、上手なリペアマン・リペアショップにしっかり調整してもらうと異音も鳴りませんし、チューニングの狂いも極めて少なく抑えることが可能です。

しかし何らかの事情でナット自体に手を加えられない、または加えたくない場合でも、今回紹介する「Nut Sauce」で改善できる可能性は大いにあります。

Nut Sauce(ナットソース)とは?

Nut Sauce

2001年設立、アメリカ ミシガン州「BIGBENDS社」が販売する「Nut Sauce」はグラファイトとテフロンを主原料とした粘性のあるゲル状の潤滑剤。

ナットやストリングガイド、ブリッジサドルなど、接弦部分に使用すると滴り落ちる事無く塗った場所に留まり、高いチューニング安定性を長時間キープすることが可能です。

現在メインで使用しているPRSのギターは『ピキピキッ』と鳴ることはありませんが、5、6年程前から、ステージでのチューニングの安定性のため、ナットソースを使い始め、その効果を実感し現在も継続して愛用しています。
BIG BENDS Nut Sauce

使用方法

ラバーキャップをはずし、容器を押し出しながら、各弦のナットの溝にNut Sauceをごく少量ずつ(ゴマ1粒よりも少なくてOK)添付してください。

塗りすぎるとサスティーンに影響を及ぼすのでつけすぎ注意!

はみ出た部分はふき取ってください。

弦交換、3回に1回程の塗布でも十分に効果を発揮します。

BIG BENDS Nut Sauce

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています