人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

【よく分かる】エレキギターのオクターブチューニング方法

チューニングが合わない、狂いやすいなどの症例に絡んでいるのがオクターブチューニング。

今回は自分でできるオクターブチューニング方法について解説していきます。

オクターブチューニングって?

ギブソンレスポール ブリッジ

イントネーションチューニングとも呼びますが、開放を含むローポジションとハイポジションでの音程のズレを修整する作業です。

ギターの構造は音程が半音ごとに区切れていてこれをクロマチック(半音階)と呼びますが、12フレットは弦の全長のちょうど中間に位置していて、ここで音程が1オクターブ上がることになります。

開放がドレミファソラシドの低いドで12フレットが高いドになる。

そんな感じです。

オクターブチューニングはこの12フレットの音程が正確でない時に行う作業です。

オクターブがズレる原因アレコレ

プレイヤーのスタイル(ポーズでも体型でもない)によってさまざまですが、弦を押さえる力やピッキングの強さがオクターブにはかなり影響します。

高いフレットが打たれているギターは強く押さえると音程がシャープ(上がる)しやすいので、新品で購入した楽器でもオクターブが合わないという場合にはこの点が考えられます。

また、強く弾く方はビビりが出ないように弦高そのものが高めな場合が多いので、押弦した時に弦を引っ張る量が多くなりやはりシャープしやすくなります。

この2点については通常の調整は通用しないだけでなくその楽器の調整できる範囲では対応できない時もあります。

心当たりのある方は、今後調整に出す際には自分の演奏スタイルを伝えておくと良いと思います。

その他の原因では弦の質や古さなど。

質はともかく古い弦のオクターブは全くアテになりません

またゲージの変更や、同じゲージでもメーカーを変えたりした場合もオクターブは微妙に変わってきますので、調整に出す時には使用弦を一緒に渡しておくことをおすすめします。

で、最も単純なのが自分でなんかイジッちゃった場合。

弦高を変えても、テイルピースの位置を変えても。

サドルの位置なんて当然。

つまりセッティングを変更したらオクターブは変わってくるということです。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています