スタジオラグへおこしやす - バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

沖縄の民謡・童謡・わらべうた。歌い継がれる故郷のこころ

沖縄県に伝わる民謡・童謡・わらべうたの中から、スタジオスタッフがおすすめする名曲、人気曲のご紹介です。

故郷のこころを歌い継ぐ、伝統のプレイリストです。

沖縄の民謡・童謡・わらべうた。歌い継がれる故郷のこころ

谷茶前節|ティンクティンク

ティンクティンク ♪谷茶前節


沖縄県恩納村にある谷茶地域で歌われた歌です。

谷茶前の浜にスルル(きびなご)が押し寄せてきたぞ!

いや、あれは大和ミズンだぞ!

という滑稽なやりとりからはじまり、男達が獲って、女達が売り歩くといった様子を描写し、売った後の娘達の魚の匂いが漂う様子までもが伝わります。

沖縄都市モノレールの那覇空港駅の発車メロディーです。

安里屋ユンタ|ネーネーズ

安里屋ユンタ by The NENES


石垣島の竹富町の歌で全国的に有名な歌です。

ユイ(結)ウタ(歌)がユンタになったといわれ、人の結で行われていた田植時に歌われていた歌と結び付き安里屋ユンタとなったと考えられています。

内容は、竹富島の美女と王府より八重山に派遣された役人とのやり取りをおもしろおかしく描いています。

沖縄都市モノレールの安里駅の発車メロディーです。

嘉手久~唐船ドーイ|りんけんバンド

りんけんバンド 嘉手久~唐船どーい


カチャーシーの代表曲です。

旧盆に踊るエイサーや宴会、民謡酒場などで必ずといっていいほど演奏されます。

昔の若い男女の娯楽、毛遊びで早弾きで弾かれて楽しまれています。

沖縄都市モノレールの壷川駅の発車メロディーです。

てぃんさぐぬ花|古謝美佐子

沖縄民謡 てぃんさぐぬ花  古謝美佐子


沖縄都市モノレールの県庁前駅の発車メロディーで、沖縄の親から子への教えを歌った教訓歌です。

沖縄の子どもたちはこの歌を幼いころから聴いて育地、親の心、沖縄の心が、詰まった歌です。

沖縄の自然や普段の生活を例に挙げながら訴えているので、心に染みわたる歌詞となっています。

国頭ジントウヨー|嘉手苅林昌

嘉手苅林昌 国頭ジントウヨー


自然豊かなヤンバルを舞台にした男女の掛け合いの歌です。

当時の国頭は、山の中にあり生活が困難だったのでしょう。

どんな過酷な環境でも、どんな貧しい生活でも、みんなで協力し合い、心の持ち方や身なりを大切にしていこうというメッセージが込められています。

ヒヤミカチ節|登川誠仁

ヒヤミカチ節ー登川誠仁


「ひやみかち」とは、「えい、気合を入れるぞ」という意味があり、沖縄戦で荒廃した沖縄と人々の心を奮い立たせたいという思いが詰まった歌です。

今では沖縄民謡の早弾きの歌の代表曲となっていますが、もとはゆっくりした曲でした。

民謡ブームの中でどんどん早くなっていったようです。

歌っても楽しい、聴いても楽しいということで、三線を練習し始めた人たちがあこがれる曲の一つです。

祝い節|乙女椿

沖縄民謡 祝い節    唄者 乙女椿


詠み人知らずの歌です。

古典曲には出てこないことから、そんなに古い曲ではないと思われます。

祝い節は、八重山民謡の「舟越節」(ふなくやぶし)という曲にメロディーが似ています。

しかし、内容は、人々の思い、恨み、悲しみを率直に歌った曲で真逆です。

もしかすると、めでたい!

祝いの歌!

といいながらも、実は苦しいこの世(代)に、いい世の中になってほしいと願う民衆の思いが込められた歌なのかもしれません。

あなたにオススメ

こんな記事も読まれています