スタジオラグへおこしやす - バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

沖縄の民謡・童謡・わらべうた。歌い継がれる故郷のこころ

沖縄県に伝わる民謡・童謡・わらべうたの中から、スタジオスタッフがおすすめする名曲、人気曲のご紹介です。

故郷のこころを歌い継ぐ、伝統のプレイリストです。

沖縄の民謡・童謡・わらべうた。歌い継がれる故郷のこころ

二見情話|玉城一美 山内たけし

『 二見情話 』 玉城一美 山内たけし


沖縄戦で沖縄北部に避難していた照屋朝敏氏がお世話になった二見の自然と人情を讃えて作ったとされ、ウチナー民謡ではめずらしいヤマト調の曲調です。

名護市二見の二見公民館に歌碑が建立され、民謡酒場で男女の掛け合いを楽しむ定番の歌としても有名です。

加那ヨー節|照喜名朝一

沖縄民謡 加那ヨー節  唄者 照喜名朝一


かな=愛する人、ということで、かなーよーとは、愛する人よ!

という意味の言葉です。

男女が交互に歌う場合もあります。

沖縄では頻繁に琉球舞踊に使われていて、昔は「かなよー」といえば毛遊びの曲で、この曲をみんなで歌いながらカチャーシーで若い男女が踊っていました。

ちんぬくじゅうしい|Four Sisters フォーシスターズ

Four Sisters フォーシスターズ ちんぬくじゅうしい


沖縄都市モノレールの見栄橋駅で流れてくる、沖縄の少し昔の懐かしい家庭の風景がテーマの歌です。

沖縄夕暮れの様子が目に浮かびます。

家族の関係が希薄になっている今、この曲と歌詞に込められた人の情けは、私たちに感動を与えてくれます。

かなさんどー|前川守賢

前川守賢/かなさんどー@居酒や こだま(東京・小岩)


「かなさんどー」とは「愛しいぞ」という意味。

「愛しているよ」という意味でも使われます。

「忘んなよーやー忘んなよー 我ね思とんどかなさんどー」のサビの歌詞からは、永遠の愛へつながる温かさが感じられます。

いつも明るい前川さん。

沖縄では「元ちゃん」というニックネームで親しまれ、沖縄県民に愛された元ちゃんらしい曲です。

ナークーニー|上原政雄&上原政彦

琉球民謡ナークニー、カイサレー、上原政雄、上原政彦


ナークニーは「沖縄のシャンソン」ともいわれ、沖縄本島を代表する名曲です。

また、宮古民謡の「とぅーがにー」や八重山民謡の「とぅばらーま」と並ぶ沖縄を代表する唄でもある。

1000回唄って自分のものになるといわれるほど、ナークニーを極めることは、最も難業だといわれていますが、難しい歌でありながら広く歌われている歌です。

赤田首里殿内|夏川りみ

「赤田首里殿内」(あかたすんどぅんち) 夏川りみ


「赤田首里殿内」は「シーヤープー」とも言われ、子どもをあやすときなどに手遊び歌としても歌われています。

この歌は、映画「ホテルハイビスカス」で登川誠仁が木の上で三線を引きながら歌う場面が有名です。

首里城の下町である赤田地区において、弥勒信仰の祭礼において唄われていたものの一つといわれていて、沖縄都市モノレールの首里駅の発車メロディーです。

うわき節|喜納昌吉&喜納哲子

うわき節 / 喜納昌吉 喜納哲子


夫の浮気にあきれた妻との掛け合いの歌です。

理不尽な夫の言い訳が、リズミカルな曲調も助け、コミカルになっています。

当時の、沖縄の男のバカさ加減が浮き彫りになった歌ですが、沖縄の男性の多くには「ウチアタイ」(心当たり)がある内容になっています。

あなたにオススメ

こんな記事も読まれています