人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

【沖縄の歌】人気の沖縄ソング。魅力の沖縄音楽

沖縄の曲を探しているあなたに向けて、この記事ではたくさんの沖縄にまつわる曲を紹介します。

沖縄の曲って三線をはじめとする和楽器や独特の歌いまわし、さらにあの沖縄らしい雰囲気ってとっても魅力的ですよね!

ここで非常に音楽的な話になるのですが、沖縄の音楽には琉球音階やヨナ抜き音階と呼ばれるドミファソシドの5音で構成される音階が使われていることが多いんです。

その琉球音階が持つ響きこそが、沖縄の曲で感じられる沖縄らしい雰囲気の秘密なんです!

この記事では、沖縄を歌ったJ-POPはもちろん、琉球古典音楽と沖縄の民謡も紹介していきますね!

沖縄の歌・沖縄ソング

さとうきび畑森山良子

ドラマ「さとうきび畑の唄」でも使われた楽曲です。

沖縄にたくさんあるさとうきび畑と太陽の日差しや風の音を思い描ける曲です。

沖縄戦の悲しい記憶を忘れない、繰り返さない、というメッセージを感じられます。

森山良子の美しい声がまた悲痛で、残酷な現実が突き刺さってきます。

しかしこれは忘れてはいけない、という気持ちにさせてくれます。

童神夏川りみ

この曲は、生まれて間もない赤子をあやす母親の、温かく包容力あふれる大らかな愛が描かれています。

沖縄弁で歌われたものと、標準語で歌われたものが存在し、夏川りみのバージョンがもっとも有名ですが、もともとは沖縄県の女性歌手、古謝美佐子の歌です。

古謝の作詞、佐原一哉の作曲により、1997年に作られました。

琉球ムーン国仲涼子

2004年のNHKドラマ「ちゅらさん2」エンディングテーマ曲でした。

国仲涼子本人も沖縄出身で、大ヒット作だった「ちゅらさん」。

三線の音色と音階で沖縄らしさが表現されています。

沖縄にまつわるエピソードが詰まった曲も!

編集部で厳選した定番の10曲を紹介しました。

きっとご存じの曲が多かったと思います。

ここからも、引き続きオススメの沖縄にまつわるJ-POPを紹介していきますね!

ここで紹介している曲にも沖縄にまつまあるさまざまなエピソードがあり、ここでは紹介しきれなかったので気になる方はぜひ調べてみてくださいね。

平和の琉歌サザンオールスターズ

サザンオールスターズが作った名曲です。

米軍基地に囲まれた沖縄のことを、内地の目線で作られた一曲で、沖縄のいろんな世代の人が歌うことによって、また違ったメッセージを届けてくれます。

これからの世代にも受け継いでいくべき大切なことが込められています。

すべての人の心に花を喜納昌吉

「花」というタイトルで石嶺聡子がカバーし、1995年の映画「ひめゆりの塔」でも使用された楽曲です。

平和への想いが込められています。

歌詞がとても哀しく、同時に美しく、「どんなに泣いても笑っても花を咲かせよう」という希望を与えている曲です。

あめりか通りネーネーズ

ネーネーズとは「お姉さん」の意味だそうです。

曲が進むに連れ、いろいろな楽器があわさりつつも、ベースでは古典的なリズムを刻んで進行するので安心して聴ける曲。

元祖沖縄ポップスです。

沖縄音楽はやっぱり明るさが良いですね。

帰る場所HY

HYは沖縄で結成されたバンドです。

恋愛ソングの方が露出する機会が多いので、そんなイメージを持たれがちですが、沖縄について歌った楽曲もいくつもあります。

この楽曲は、沖縄出身のHYだからこそ書ける、地元・沖縄をテーマにした楽曲となっています。

沖縄以外の方が聴いても心温まる楽曲だと思います。

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

こんな記事も読まれています