- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

オーバードライブが魅力のオレンジ ギターアンプ Rockerverb

ギタリストに限らず、バンドマンの方であれば一度はこのアンプの奇抜な色と存在感に目を奪われた経験があるのではないでしょうか?

もしかしたらギターをやっていなくてもインテリアとして欲しいという方も少なくはないかもしれません。

今回は、そんなOrange社のアンプ「Rockerverb」についてご紹介します。

Orange社とRockerverbの歴史

まずこのアンプを作ったOrange社は1968年にロンドンで設立されました。

当時からUKROCKを中心に、オルタナティブ系のジャンルでよく使われています。

最近ではクリーンサウンドとクランチサウンドを多用するポストロック系のギタリストもよく使っていますね。

ちなみにあの有名なMarshall社が設立されたのはそれよりも少し前の1960年です。

Rockerverbが販売され始めたのが2004年なので、この機種はOrange社の36年間をかけた努力と試行錯誤の結晶です。

Demos the Rockerverb MKII

2010 Orange Rockerverb MKII

どんな機能がある?

RV100-front

RockerverbはそれまでのOrangeアンプと異なり、クリーンCHとディストーションCHの独立2CH仕様になっています。

リバーブ、さらにはエフェクトループも搭載し、これ1台で多彩なサウンドメイクが可能なためジャンルを問わず幅広い音作りが可能です。

クリーンCHはトレブルとベースを調節することができ、粒の細かいクリーンサウンドを奏でることができます。

ディストーションCHの方はOrange特有のジューシーなドライブサウンドを特徴とし、トレブル・ミドル・ベースの調節の他にClean/Durtyスイッチを搭載しています。

このスイッチで歪みの量を3段階で選べるようになっており軽いクランチから破壊力のある深い歪みまで幅広い音を出すことができるのです。

そしてリバーブも秀逸でスイートなサウンドの隠し味まで作りこむことができます。

Orangeらしいクリーンからオーソドックスに癖なく使いやすいイコライザーに加えて、細かいところまで歪みを設定できるのでコンパクトエフェクターを繋がずともシビアな音作りが可能です。

なのでアンプ直結をモットーとするギタリストにもオススメです。

中でも特徴的なのが100Wモデルに搭載されるアウトプットバルブセレクションスイッチで、バイアス調整なしでパワー管を交換可能としチューブ交換での音の変化を手軽に味わう事ができるのも本機ならではです。

Orange_RKMKII

こんな記事も読まれています