人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

ポール・マッカートニーは何がすごいのか?

ポール・マッカートニーが、2017年4月25日(日本武道館)、27日、29日、30日(東京ドーム)で2年ぶりの来日公演を開催します。

せっかくの機会なので、彼がどれほどすごいアーティストであるかについてお話します。

なお「ビートルズになれなかった男たち」の続編は次回でご紹介します。

レノン=マッカートニーという史上最強のコンビ

ポール・マッカートニー

http://o-dan.net/ja/

皆さんは、ビートルズの楽曲のほとんどに「レノン=マッカートニー」というクレジットが付いていることにお気づきになると思います。

これは、もちろん、ジョン・レノンとポール・マッカートニーの2人で作詞作曲したことを示しています。

この2人のすごいところは、作詞も作曲もどちらもできたことです。

現代でも作詞家と作曲家は別ということが多いのですが、彼らはそれぞれ1人で全部をこなしました。

元になるアイデアはどちらか一方が提供し、他方がそれに協力したというパターンです。

初期のころは本当に2人が額を突き合わせて制作していました。

やがて、それぞれが別々に制作するようになり、後期になると完全にどちらか一方が1人で制作し、他方は全く関わらないか、多少手伝う程度になりました。

それでもレノン=マッカートニーというクレジットは解散するまで使い続けました。

卓越したコンポーザーとしての能力

これは作品を聴いていただければ分かりますが、シングルであれアルバムであれ、どれを取っても後世に残る名曲ぞろいです。

ジョンとの作風の違いは後期に入るとハッキリするようになり、ジョンがプロに好まれるような難解な構成の曲を好んで制作するようになったのに対し、ポールは、誰にでも分かる親しみやすい構成の曲を好んで制作しました。

特に、後期になると一般受けが要求されるシングルA面のほとんどは、彼が制作した曲で占められるようになりました。

「ハロー・グッドバイ」「ヘイ・ジュード」「レット・イット・ビー」など今でも世界中のアーティストたちにカバーされる名曲を制作しています。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています