スタジオラグへおこしやす - バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

来日公演間近!ポール・マッカートニーがライブを続ける理由とは?

悲しいことですが、今回の来日公演について、一部のマスコミが「もう来ない詐欺」とか「金儲け主義」などといった的外れな批判をしています。

ポール来日!待望の最新ツアーが遂に日本上陸!ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー 2017

スルーしても構わないのですが、マスコミの影響力は大きいため、ファンでない一般の方が誤解されるといけないので、ポールの名誉のためにあえて筆を取りました。

ポールは74歳!

ポールマッカートニー

http://o-dan.net/ja/

まずポールの年齢を考えてください。

74歳ですよ!?(2017年4月時点)

いつ「Xデー」が来てもおかしくありません。

実際、彼と同い年のソウル界の大御所、アレサ・フランクリンも2017年に年齢を理由に引退を表明しました。

彼女は、シンガーですからボーカルに専念できますが、ポールは、ボーカルに加えて立ちっぱなしで重いエレキギターやベースを持ち、キーボードを演奏するのですから負担はさらに大きいのです。

しかも、本番前の早い時間帯からサウンドチェックも行っています。

「もう来ない詐欺」というのは、「もうこれで来日は最後と言いながらまた来るじゃないか」、つまり「閉店セール」と銘打って営業を続けているのと同じだという批判ですが、ポールやスタッフも含め、そんなことは一切発言していません。

勝手にそう思い込んでいる人がいるだけです。

それをあたかもファンの多くがそう思っているかのように報道するマスコミの姿勢には大いに疑問を感じます。

驚異的なパフォーマンスの充実ぶり

今回の公演は分かりませんが、少なくとも2年前の来日公演の時までポールは、ライブ中一度も休憩せず、水分補給もしないでパフォーマンスを続けたのです!

現代の20代のアーティストですらこんなことはしません。

何度が休憩を挟み、ステージ上で水分を補給するのが普通です。

彼が舞台袖に下がったのは本番のパフォーマンスが終わった時だけです。

それもアンコールで再び登場しました。

最初から最後までメインボーカルを務める

Paul McCartney – Live And Let Die (Live in Osaka 2015)

ビートルズ解散後、自ら結成したウイングスのライブでは、30代の脂の乗り切った頃でしたが、それでも何曲かのメインボーカルを他のメンバーに譲りました。

しかし、ソロになってからは自分が全曲でメインボーカルを務めています。

つまり、ステージ上でスポットライトを浴びない時間帯はないのです。

あなたにオススメ

こんな記事も読まれています