人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

【初心者のためのpBone(ピーボーン)入門】音の出し方から分解お手入れまで

最近プラスチックのトロンボーン「pBone(ピーボーン)」を吹くのにハマっています。

(pBoneミニはE♭管なので注意!

最初はトランペット吹き向けに書いていたのですが、純粋に楽器未経験者のためのpBone入門記事にしました!

組み立てから音出し、スライドの動かし方、メンテナンスまで!

優しいトロンボーン吹きの方は「こうすると良いよ!」なところがあったら教えてください。

各パーツの説明

ピーボーンは大きく分けてマウスピース、ベル、スライドの3つに分けられます。

(pBoneはiPhoneをもじってますね。どうでもいいけど)

pBone mini(ミニ)はE♭管なので気軽に楽しみたい方は購入しないように!

マウスピース(歌口)

マウスピースは透明の樹脂製で、そのpBoneのカラーと同じ色のマウスピースが付属しています。

バック(メーカー名)の11Cか12Cぐらいの大きさです。

pBone マウスピース白いpBoneを購入する透明なマウスピース(写真)が付いてくるので唇が振動している様子が鮮明に見れるので個人的におススメ!

ただし、ボディが白いのでキズや日焼け(茶色くなる)も目立ちやすくなります

汚れが目立つのやイヤだ!

でもマウスピースで口の振動も見てみたい!

なんて変態研究熱心な方は好きな色のpBoneKELLY(ケリー)のマウスピースクリスタルクリアを合わせて購入すると良いでしょう。

ケリーのマウスピースも樹脂製ですが、冬の野外演奏などでも演奏できるようにちゃんと作られているのでお高いです。

(アメリカやカナダでの冬は氷点下を下回る事もあり、金属製だと唇に張り付いて吹けない!なんて事もあるそうです。)

プロの愛用者も多く、トランペット奏者だとボビー・シューが有名ですね。

もちろん金属製のマウスピースを使用するとよりトロンボーンの音に近付きます。購入する場合は「細管用」を購入しましょう。

バック、ヤマハ、マーシンキウィッツのマウスピースが安めです。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています