人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

今さら聞けない!ペンタトニックスケールの基本

ギターのアドリブには欠かせない「ペンタトニックスケール」。

ギターをやっている人なら1度は聞いたことある名前ではないでしょうか?

ギターをまだ始めたての初心者の方、他のパートの方にとっても参考になれば幸いです。

今更聞けない!ペンタトニックスケールって?

スケール=音階はメロディーの基本になる音のことです。

一般的な「ド、レ、ミ、ファ……」のメジャースケールは1オクターブ(ドから次のド)の間に7つの音で成り立っていますが、ペンタトニックスケールは5つの音の音階のことです。

メジャースケールの中では、半音を構成する隣接音が存在します。

一般的な「ド、レ、ミ、ファ…」のメジャースケール = Cメジャースケールの場合、

7つの音「ド(1音)レ(1音)ミ(半音)ファ(1音)ソ(1音)ラ(1音)シ(半音)ド」

このようにミとファ、シとドの間隔は半音です。

Cメジャーペンタトニックスケールの場合、

5つの音「ド(1音)レ(1音)ミ(1音半)ソ(1音)ラ(1音半)ド」

ペンタトニックスケールの場合は、メジャースケールで言うファとシの音が消えます。

ペンタトニックスケールの最大の利点がここにあります。

半音を構成する隣接音をなくし、この音階を使う事で、さまざまなコード進行の中で使用できるメロディー(アドリブ奏法)ができるのです。

「ペンタ」の愛称で、歴代の音楽家たちも多数愛用してきた音階です。

1つの形を覚えると、メジャーペンタトニック、マイナーペンタトニックの2つを覚えた事になる

ペンタトニックスケールは、大きく分けてメジャーペンタトニック、マイナーペンタトニックの2つがあります。

ここで断言して良いか分かりませんが通常ペンタトニックスケールと呼ばれているのは「マイナーペンタトニックスケール」のことです。

まずこの形を覚えてください。

これはギターのフレット上のペンタトニックスケールの基本の図です。(下から6弦〜1弦)

ペンタ

例えばAマイナーペンタトニックスケールの場合はこうなります。

6弦の5フレットから開始し、5つの音で言うと「ラ(1音半)ド(1音)レ(1音)ミ(1音半)ソ(1音)ラ」……です。

下に書いてあるのはフレットの位置です。

Amペンタ

もうお気づきかもしれませんが、ラ(A)の音から始まるAマイナーペンタトニックスケールでありながら、Cメジャーペンタトニックスケールの位置と一緒なのです。

Cメジャーペンタトニックスケールの場合 = 5つの音「ド(1音)レ(1音)ミ(1音半)ソ(1音)ラ(1音半)ド」…です。

Cメジャーペンタトニックスケールの場合、押さえるポジジョンはこの形のまま8フレットのド(C)の音から開始します。

Cメジャーペンタ
今回ご紹介したのはCメジャーペンタトニックスケールなので、キーがCメジャーの場合に使用できます。

この形をまず覚えることで、他のフレットや他の弦からでも応用でき、曲のキーに合わせれば自由自在にアドリブ演奏を楽しむことができます。

1度この中で自由に弾いてみて下さい。

かっこいい!気持ちいい!フレーズなどが必ず生まれてくるはずです。

以下の動画でもペンタトニックスケールを分かりやすく説明しております。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています