人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

【大阪のおっちゃんが教えるPhotoshop】ライブのフライヤーに使える「汚し」のテクニックまとめ

バンドのフライヤーやイベントのフライヤーを作成するのにもっとも使われているのが「Photoshop」です。

そこで使えるさまざまなテクニックを大阪のおっちゃんが解説していきます!

今回はコレ作っていこ!

Photoshopの使い方

パンクとかのライブのフライヤーでこんなんあるやんけ?

コラージュしたりスプレーのステンシルとか、単色刷りみたいな表現とかアナログで作ったみたいな雰囲気のやつやな!

言うとくけど全部Photoshop上でできるさかいな!

こういう汚れたような表現を「グランジ」いうねんけどな。

わざとばっちぃしてんねん。

奇麗なデザインもええけど、あえてアナログっぽい風合いを出してみよちゅうこっちゃな。

タイトルにもあるとおりバンドのフライヤーのデザインとかに使えるんちゃうけ?

知らんけど。おっちゃんは昔からパンクやハードコアなんかが好きゃさかい、自分らもこんなん作れたらええんちゃうかなーおもて。

いくつかのテクニックをまとめてっさかい、今回はちょっと長いでぇ!

まぁひとつひとつはそんなに難しいことあらへん!順番にやってこか!

まずは紙のテクスチャを用意や

今回のんはA4のフライヤーみたいな雰囲気で作りたいさかい、まずは新規書類をA4サイズで作ってくれるけ?(210×297mm)

Photoshopの使い方

ほな次はやな、紙のテクスチャやねんけど、今回はフリーの素材を使わしてもろたわ。

シミがついてたり折り目がついてたりして汚れてる紙のテクスチャや。

こんなんはネット上にフリー素材として公開されてることが多いから、ええのん見つけたらストックしといたらええんちゃうけ?(使用ライセンスは自己責任で頼むで!)

Grungy paper texture v.6 by bashcorpo on DeviantArt

汚れた紙の素材

ほんでこの紙のテクスチャの上にベージュの塗りを追加して、

Photoshopの使い方 描画モードを乗算、不透明度を50%

描画モードを乗算、不透明度を50%にしてくれや!

コレで土台のベースが完成したで!

この上にレイヤーを重ねながら作っていくわなー。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています