人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

プロが語る!BABYMETALピアノ編曲のウラ話

前回の「BABYMETALをピアノ編曲したときの耳コピ術」の続きです。

BABYMETAL(ベビーメタル)のピアノ編曲のウラ側をそのままご紹介したいと思います。

DLmarket / イジメ、ダメ、ゼッタイ ピアノソロ 上級レベル by わらべえ

[ダウンロード版]

音が多すぎることがある

音が多すぎることがある

https://pixabay.com/

聴き取り作業が終わり、アレンジ作業をしている時に、どうしても諦めなくてはいけないことがあります。

全楽器が派手に動いている曲、または部分、曲のクライマックス部分です。

「イジメ、ダメ、ゼッタイ」の中にすでにありました。

BABYMETALの曲には、全部クライマックスのようなスゴイ曲もありますから、全体を通して音が多いことも多々あります。

「紅月」「Road of Resistance」「Tales of the Destinies」「THE ONE」などですね。

しかし、両手で演奏できる音と音域は限られています。

その範囲内でいかに原曲に近づけるかが勝負です。

実は歌の部分と分けて伴奏として作ってみたこともあります。

まだ公式には出していませんが、「No Rain, No Rainbow」です。

でも、弾き歌いでやってみたら、やっぱり全部1人でピアノで弾いた時が私は気持ちが良いのです。

ですので、10本の指で全部をすることに決めました。

そもそも演奏が難しすぎて弾き歌いもできないかもしれません。

でも、そこがBABYMETALのいいところで、好きなところでもあります。

何の楽器を犠牲にするのか

何の楽器を犠牲にするのか

https://pixabay.com/

いつも犠牲になってしまう楽器があります。

何とギターなのです。

演奏はしていませんがキーボードパートというのでしょうか、ストリングスなどの陰の盛り上げ役のパートも犠牲になることがありますが、心痛むのはギターのメロディーです。

ギターという楽器はできることの範囲がとても広いですよね。

ベースと同じ動きもできるし、コードも弾ける、コード内で激しく音を動かすこともできるし、歌のメロディー以外にメロディーを演奏することまでできますよね。

メロディーが歌に沿っていれば歌と一緒にピアノで弾けます。

でも、音域も違う、全く違うメロディーを弾いてたりします。

これです、この、ギターのメロディーのことです!

思いのほかいいメロディーが多いんです。

明らかに主張するべきメロディーを、歌の後ろにかぶせてきます。

本当に悔しいですねぇ、演奏してあげられないことが。

泣く泣くカットするこの悲しさ、わかりますか?

ギターを弾かれる方なら、その悲しさをわかってくださると思います。

曲全体の主要なメロディーの優位性とその責任を全うしなければいけないんです。

聴音していて、初めは何もわからず聴きとっていたのですが「今はここは弾けないかもしれない」と思いながら聴き取ることが出てきました。

ストリングスなどは、やたら難しくて、弾けないかもしれないのに1番聴き取るのに時間がかかったりします。

一息ついて、コーヒーとチョコの時間にするしかありません……。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています