Xmas@RAG
クリスマスをもっと楽しむWebマガジン
menusearch
最終更新日:92 view

【ピアノの先生が解説】back numberのクリスマスソングを弾いてみよう!

私が学生の頃といえば、ピアノ教室でコードを教えてくれるようなところはほとんどありませんでした。

クラシックでは、コードを勉強しなくてもよいと思われていたのかもしれませんね。

コードは、ロックやジャズをやる時はもちろんですが、実はクラシックをよく知るための助けになります。

今回は例曲とともに解説していきたいと思います。

実際の曲でコードの3種類どう使う?

さて、最近ではピアノのコードを学ぶための本もたくさんありますが、実際に弾きたい曲の中でどう弾けばよいのかわからないという人も多いそうです。

ピアノもコードの押さえ方は1種類ではありません

以前にお話ししたように、コードには基本形、第1転回形、第2転回形などの押さえ方があります。

ギターのコードにもさまざまな押さえ方があるのと同じですね。

基本型、第1転回形、第2転回形の3種類は、主に片手でコードを押さえる場合で、ピアノソロではこの形で押さえることが多いのですが、バンドでキーボードなどを担当する場合や弾き語りの場合はメロディーを弾かないので、両手でコードを押さえることもよくあります。

いわゆるオープンコード(オープンボイシング)の形です。

つまり、Cと書かれてあれば、ドとミとソの音を使ってどのように押さえてもよいのです。

実際には奇麗に響かせるためには順番なども考える必要がありますが……。

そうはいっても初心者が簡単にピアノソロを弾く場合は、左手だけでコードを押さえることになることが多いでしょうから、まず基本型、第1転回形、第2転回形の3種類を覚えましょう(7thを含む4和音の場合は4種類あります)。

コードは覚えただけでは使えない!

コードを弾く位置は、ピアノの中央のド(一点ハ)が含まれる位置が響きとしてよいのですが、絶対というわけではありません。

基本形にするか、第1転回形にするかは響きも重要なのですが、まずは前後で押さえやすいものを選びます。

当然、はじめのコードが基本形だったからといって次も基本形になるわけではありませんので、コードのチェンジの方法を知ることが大切です。

チェンジの方法については以下の記事を参考にしてください。

関連記事:ピアノ初心者のための。分かりやすいコードチェンジの練習方法

back number「クリスマスソング」を弾いてみよう!

back numberのクリスマスソングに出てくるコードについて考えてみましょう。

back numberのクリスマスソングは、毎年クリスマスの時期の人気曲。

クリスマスに弾き語りをしたいという方も多いのではないでしょうか?

コードの押さえ方は人それぞれですが、コードチェンジしやすいポジションを考えます。

以下は、back numberの「クリスマスソング」に出てくるコード進行です。

ここでは、Eは第1転回形、B・C#mは第2転回形、F#は第1転回形にしていますが、自分で近い位置で押さえられるポジションを考えてみましょう。

ピアノコード

midi動画を公開しましたので、コードを左手で押さえる「ピアノソロ」と、右手でコードを押さえる「弾き語り」の形の練習動画(midi)を一例として参考にしてください。

クリスマスソング(ピアノソロ練習用)

クリスマスソング(弾き語り練習用)

クリスマスソング(E)コード鍵盤図

ダウンロードできます

おすすめの記事あわせて読みたい