人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

【ピアノ初心者のための】便利なコードを覚えましょう!

ピアノを始める時にぜひ覚えて欲しいのが「コードネーム」です。

コードネームというのはコード(和音)の名前の事で、楽譜に書かれているCやG7、Am等です。

クラシックの人もコードを覚えましょう

これはバンドでキーボードをやる人や、ポピュラーピアノを習いたい人だけでなく、クラシックをやろうという方等、全てのピアノを弾きたい方におススメします。

クラシックにはコードは関係ないと思う方もいるかもしれませんが、初心者がよく使っているバイエルの多くの曲は左手がC(ドミソ)F(ファラド)G(ソシレ)のコードでできている事が多いのです。

これを1曲1曲別物としてとらえるのではなく、メロディーとコードで考えれば譜読みもずっと楽になり、効率的な練習ができるのです。

例えばCというコードはドミソですが、このドミソを使って色々な伴奏ができます。

下の図のように、同時に弾く、バラバラに弾く、弾く順番を変えるといった事で一つのコードが様々に変化するわけです。

コード

上の図は全てCです。

もちろんどのように弾くかは曲によって違うわけですが、自分で好きに変化させる事(アレンジ)が可能になるのです。

コードの覚え方まずはABC

さて、では実際にコードはどうやって覚えれば良いのでしょう。

コードはたくさんありますから、一度に全部覚えるのは大変です。

まずはルート(根音)を覚え、その後は好きな曲を弾きながらその曲の中で使われているコードを
覚えていきましょう。

ルートというのはコードを支えている音の事で、バンドではベースが担当している事が多いです。

Cはドミソというコードでしたが、Cのルートはドです。

Cm(シーマイナー)やC7(シーセブン)など様々な種類のコードがありますが、とにかく頭にCがつけばルートはドです。

下の図のようにAがあればルートは全てA(ラ)、Bの場合は全てB(シ)です。

コード

まずはコードのルート音を覚えましょう。

ルートだけなら、2〜3曲お気に入りの曲を弾けばすぐに覚えてしまいますよ。

まず、好きな曲のコードつき楽譜を見ながら、左手でコードのルート音を弾きます。

楽譜の欄外のタイトル横などに下の図のようにABC・・・・を書いておきます。

コード

くれぐれも5線にはルートのドレミを書かないでくださいね。

コードに♯(シャープ)や♭(フラット)がついていれば、その音にそのままつけて考えれば大丈夫です。

例えばA♯はラ♯、E♭はミ♭となります。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています