人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

ルーティンで緊張をコントロール。プロのピアニストが公開するコンサート本番の1日

コンサート本番とはどんなものなのでしょうか?

今回は実際に行なわれたコンサート本番までの様子を大公開したいとおもいます。

ぜひ参考にしてもらえたら幸いです。

コンサート本番当日

コンサート本番

目が覚めたら、コンサート当日であることを想像してみてください。

実際にコンサートを控えている方も、何か参考になることがあるかもしれません。

午前中

午前中

https://pixabay.com/

9:00〜

久々に好きな時間に起きられる今朝、目が覚めたら9時でした。

本番だけの日は他の予定は何も入れないのが1番の理想です。

本番は夜だし、体力温存のためにのんびり起きました。

緊張感を持たないように、なるべく特別なことはしません。

9:10〜

だけど、本番を意識していることだけははっきりしているので、落ち着くまで、つまり朝起きてからずっと練習前まで、好きな曲を聴き続けます。

今日はBABYMETALです。

1曲リピートで聴き続けます。

体は正直で、腸の動きがいつもより活発です。

本番の日はいつもそうです。

10:00〜

いつものように軽く朝ごはんを食べます。

そして、ある程度身支度を整えます。

絶対に忘れちゃいけないことは、前の日までに済ませました。

10:30〜

いつものようにいつものバッハから練習を始めます。

リストも弾いて、何気なく本日演奏の曲に入ります。

声楽の伴奏もあるので、いつものように演奏順に練習します。

音の移ろいやハーモニーの変化に心を委ねて弾くと緊張も幾分(いくぶん)和らぎます。

それでも緊張感は拭えないので、さらにいつも練習している、BABYMETALの編曲ものの練習もします。

ジャンルの違いにより、本番のことをすっかり忘れて集中してしまう、いい瞬間です。

同じ種類の違う土俵を同時にやる強さ

12:30〜

落ち着いたところでタイムアウト。

午前中の練習はおしまいです。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています