- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

ドラマーがパーカッションを叩く理由

僕は、専門学校の学生の時からパーカッションを始めました。

ドラマーがパーカッションを叩くこと。

興味があったから始めたので、僕の中ではとても自然なことでした。

 ドラムだけではなくパーカッションも叩く理由

ボンゴ

とある、ビジュアル系の団体に所属してるバンドのサポートで、曲中でコンガを叩いた時に、尊敬の目で見られたことはとても嬉しかったのですが……。

ビジュアル系の中で、パーカッションの位置が低かったということがとてもショックでした。

「よく叩けるね(冷たい目で……)」って、対バンのドラマーから言われましたが、僕は即座にいってやりました。

「パーカッション叩けないんだぁ……可哀想だね……」ってね!

アコースティックギターと同じ感覚で

カホンを使ったライブ

ギタリストがアコースティックギターを弾くように。

キーボーディストがピアノを弾くように。

ベーシストがウッドベースを弾くように。

ドラマーもパーカッションを叩けないと、とても失礼だ!っと僕は教わりました。

僕もその意見には同感です。

今でこそカホンという楽器が市民権を得たので、カホン奏者の人口は増えましたが、ボンゴやコンガは、ドラマーはなかなか手を出しがりません。

良いことが少なくとも3つはあるのにね!

パーカッションのアプローチがドラムセットでできるようになる

ボサノバやサンバに代表されるビートですね。

実際に正しいラテンドラムを演奏できなくても良いのです。

「知る!知ってる!」っということが、とても大事なのです。

ごぐごく簡単に言ってしまうと、スネアで16分音符を叩きながら、バスドラムで4分音符、左足でハイハットを8分ウラを鳴らす。

たったこれだけで、サンバフィールに聞こえてきます。

サンバフィール ドラムソロ

キチンとしたサンバキックではありませんが、それっぽく聞こえるでしょ?

「ラテンドラム」って聞くと難しそうなイメージがありますが、スネアを叩く行為やシンバルを叩く行為は同じですので、チャレンジしてみてください!

ラテンドラミングの頂点に君臨(くんりん)するオラシオ・エル・ネグロ・エルナンデスは、何をやってるか分析は難しいですが、聞いていて心地良い演奏です。

On Fire Live – Michel Camilo – Anthony Jackson – Horacio (El Negro) Hernandez.avi

こんな記事も読まれています