人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

楽器の練習を継続するための「習慣のメカニズム」とは?

楽器の練習時間が取れない……、なかなか練習する気になれない、続かない……。

こういった悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

どうすれば練習を習慣化させられるのか、そのために必要な考え方をご紹介しますね。

はじめに

drummer-bed-sleep

https://www.pexels.com

「練習しなきゃと思っているのだけど……なかなか時間も取れないしやる気も上がらないし……」という方のために、話題のこの本「ぼくたちは習慣でできている」に書かれていることをベースに、「練習を持続させる考え方・方法」についてお伝えできればと思います。

楽器が上手い人はなぜうまいのか?

drum-why

https://unsplash.com

さて、ちょっと思い出してみてほしいのですが、プロミュージシャンの超人的なテクニックや表現力の演奏を見たり聴いたりして「到底自分には真似できない!」と思ったことはないでしょうか?

では、なぜ彼らはそんなにうまいのでしょうか?

それは「練習しているから」です。

……と書くと当たり前のことのようですが、大体物事の本質って当たり前のことなんです

じゃぁ、なんでできない人が多いのか?

というと、「当たり前のこと=簡単なこと」という誤解があるからだと思います。

つまり今回のテーマである「習慣」も、「楽器が上手くなりたければ練習の習慣を身につければいい」ということだけ書くと非常にシンプルに見えますが、その裏にはいろんなコツが隠れているというわけですね。

「考えないこと」が大切

というわけでまずは、習慣の「正体」について考えてみます。

この本に沿って、私なりにかみ砕いてお話しすると、「考えた時点でダメ」ということです。

これはつまりどういうことかというと、音楽を本業としていない人の場合、日々にはいろんな誘惑があります。

「練習しなきゃいけないけど、飲みに行きたい……」とか「練習しなきゃいけないけど、眠い……」など、このような本能的な誘惑にかられる自分と「でも練習しなきゃ下手になる!」という理性的な自分が戦うわけですが、もうこのように2人の自分が戦っている時点で習慣化するのは難しいということです。

ではどうすればいいのか?

答えは「考えないこと」です。

つまり、「練習はやるものだからやる」ということですね。

これも一見当たり前のことのようですが、先ほど書いたように「当たり前のこと」は「簡単なこと」ではないということですね。

では実際にどうすればいいのか?ヒントを次に書いていきます。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています