Drum@RAG
ドラムをもっと楽しむWebマガジン
menusearch
最終更新日:|48 view

初心者ドラマーが新しい機材を買う時、後悔しないために知っておくべきこととは?

楽器を買うときに、必ず言われるのが「試奏をしてから購入しましょう!」ということ。

しかし、楽器店での試奏には気をつけるべきポイントがあるんです!

それは、試奏室の広さに関係していたって知っていましたか?

生音で勝負するドラムだからこそ知っておきたいポイントを紹介しますね!

はじめに

気がつけば世間はすっかり年末年始モード一色に。

そして年末年始といえば……そう臨時収入です。

社会人の方はボーナスがあったり、学生の方はお年玉や冬休みのバイトの給料があるわけです。

もちろんミュージシャンにとっての臨時収入の使い道といえば……楽器の購入となるのは自然なこと。

そして楽器を購入するときにするのが試奏です。

ただこの試奏ですが、「自分のフィーリングに任せて楽しく演奏する」機会ではありません。

フィーリングでいい買い物ができることもありますが、できないこともあります。

そこで今回はドラマーの方に向けて、楽器店での試奏の時に気をつけたいことというテーマでお届けしようと思います。

そうは言っても「楽器はフィーリングでしょ!」と思っている方もいると思います。

たしかにそれはそうなのですが、そのフィーリングを最大限に生かすために知っておきたいことがあるので、今回はとくに楽器を買うという経験が少ないドラマーの方に向けて楽器を試奏する際に知っておくといいことをお伝えします。

一番のポイントは……試奏室は狭いこと!

まず今回一番お伝えしたいことがありまして、それは試奏室は狭い!ということです。

これはどういうことかと言いますと、楽器店には試奏室と呼ばれる試奏をするための小さな防音室があるんですけど、何分地価が高い東京だと楽器店自体の売り場面積も狭いので、当然試奏室も狭いわけです。

ただこの狭さ自体が悪いと言いたいのではなく、狭い部屋で打楽器を叩くと、とてもいい音に聞こえてしまうというカラクリがあるということがポイントなのです。

これは具体的にどういうことか?

例えば、スネアドラムを試奏してみるとします。

そこでお目当のスネアドラムを試奏ブースで叩いて「お、いい音!」と思い購入。

いざスタジオのバンド練習で使ってみると、「あれ、思ったより音量が出ないな……」と思い、さらに部屋が広くなるライブハウスでいざ本番の時には「あれ、スタジオの時よりもさらに音が鳴らないな……」とがっかりしたりしてしまうのです。

反射音に注意!

では一体なぜこのようなことが起きてしまうのか……。

これは決して楽器屋さんサイドのたくらみとかではなく、要は反射音の問題なのです。

つまり人間の耳に聞こえる音は、物を叩いた時に直接出た音と、壁に跳ね返って耳に入る反射音の両方があります。

なので、狭い部屋で打楽器を叩くとこの「反射音」がもろに耳に入ってきます。

このような環境でドラムを叩くと「少しのパワーですごい音が鳴る」ように聞こえてしまうわけなのです。

そして「少しのパワーですごい音が鳴る=いい楽器」という錯覚が起きやすいのです。

おすすめの記事あわせて読みたい