- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

【開発者が語る】Qactus(カクタス)は本当にギター挫折者をゼロにできるのか?

ビギナーのおよそ8割が挫折すると言われる、ギター。

そんな悲劇を過去のものにしたい、という強い想いが、これを開発させるに至りました。

「Qactus(カクタス)」です。

今回この場をお借りして、開発者である私の立場からQactusについて解説します。

Qactus(カクタス)開発者、きりばやしひろきです

私は、ギター挫折者をゼロにするために開発され今年6月に発表された「Qactus(カクタス)」(Quiree株式会社+株式会社ユニ研・共同開発)の開発者で、株式会社日本旅行とのタッグで2003年から既に14年間述べ200回に迫る回数を開催し続けているQ-sai@楽器挫折者救済合宿(http://q-sai.net)をはじめ、書籍及び連載等の執筆、TVラジオなどの各メディア、等を通じ、世界の楽器人口あるいは音楽人口(=Music Lover)を増やすこと、その一点に目的を絞って活動しております。

きりばやしひろきさん写真:楽器フェア会場ワークショップイベントの様子。100人のギター未経験者を経験者に。

きりばやしひろきさん

写真:NHK・Eテレ「あなたもアーティスト、挫折者救済、きりばやしひろきのギター塾」オフィシャルテキストブック

兵藤ゆきさん、きりばやしひろきさん

写真:NHK・Eテレ、レギュラー番組収録の様子。パートナーの兵藤ゆきさんと。

このたび、活動を支持してくださっている多くの方々から「Qactusについての誤解がネットに流出している」との情報をいただきました。

情報提供者である彼らと、Qactusに関して日々尽力くださっている方々、楽器挫折者救済合宿をはじめとする音楽人口を増やす活動に関して常々多大なるご支援ご協力をいただいている多くの方々のため、今回、本人の筆でここに投稿させていただくことにしました。

これまで世にないもの(あるいは手段)であるため、開発初期段階のコンセプトを煮詰めている頃からこのような誤解は想定していたのですが、やはり開発者の立場としてきちんと正確な情報を世に伝える責任があると思いますので、この場を借りてQactusに関する「よくある誤解」についてひとつひとつ紹介させていただきます。

すでにオフィシャルサイトを読んだ方はもうご存じのことと思いますが、Qactusは現場で目に見える成果を上げ、「ビギナーの8割」といわれる挫折者を「第二段階(=Qactusを卒業し、自分の力で伸びてゆく期間)」へと導いています。

実は、これに代わる有効打というのは未だ業界全体としてきちんと持ち得ておらず、5人に4人(=5本に4本)もの挫折者(=器)を産み出し続けているという現状に対し、Qactusは唯一の有効打として各国からも期待の声が寄せられています。

コミュニティFMに共同開発者・鳥居氏(株式会社ユニ研)と出演

写真:コミュニティFMに共同開発者・鳥居氏(株式会社ユニ研)と出演。

しかしながら人類が初めて手にするもの(あるいは手段)であるがゆえに、安易な先入観でQactusを「ギターを簡単にするオモチャ」だと勘違いする人がいます。

ギターに限らず、楽器は決して簡単ではありませんし、表現の幅としてむしろ難しくあるべきと私は常々そう信じています。

とくにギター経験者がQactusをパッと見て「ギターを簡単にするオモチャ」だと思い込む傾向があります。

8割の挫折者を救う唯一の有効打と成り得る非常に有益なものであると思いますし、何より無数の挫折者と放り投げられた無数のギターたちの未来のためにも、最後まできちんと読んでいただけたらと思います。

ニッポン放送の人気番組「ラジオビバリー昼ズ」東MAX貴博さん ・神保アナと

ニッポン放送の人気番組「ラジオビバリー昼ズ」東MAX貴博さん ・神保アナと

写真:ニッポン放送の人気番組「ラジオビバリー昼ズ」東MAX貴博さん ・神保アナと

こんな記事も読まれています