人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

ピアノで5連符をマスターする

ピアノで「5連符」の練習をするのにぴったりな曲を音源と楽譜とともに用意しました。

ぜひ練習に活用してください。

The Rain Of May

去年の今頃だったと思う。

朝起きたら東向きの窓から朝日が差し込んでいて、窓の外を見ると静かな雨が降っていた。

辺りは明るいのに優しい静かな雨が降っていて、それがとても心地よかった。

顔も洗わずにそのままピアノに向かって曲を作った。

一気に書いてしまったので、おそらく30分もかからなかったと思う。

それがこの曲「The Rain Of May」

その日の心地よさが曲に閉じ込められているみたいに、この曲を弾くとその日の匂いまで鮮明に思い出せる。

そういう意味で作曲は、その瞬間の情景を記録しておけるとても素敵なツールになり得ると思う。

5連符をマスターする

STEP1:5連符の感覚に慣れる 難易度★

この曲は最初から最後まで5連符でできている。

5連符と聞くと難しそうなイメージがあるかもしれないけど、慣れてしまえば実はとても簡単に弾ける。

例えばこれが曲の出だし。

譜面

右手3音左手2音に分けて弾くように書かれているが、このように両手で分けてしまえば意外と簡単なのだ。

これでまず5連符の感覚に慣れていく。

STEP2:5=2+3 難易度★★

次に16分音符5つ分の5連符を2+3のグループに分ける。

譜面

16分音符2つ分なので8分音符を使用しているが、ちゃんと2つ分頭の中で数えないとリズムが崩れてしまう。

リズムが崩れにくくなるように、右手の8分音符の部分に左手で16分音符を入れているので両手で弾けば2+3の奇麗な5連符になる。

STEP3:5=3+2、5=2+3 難易度★★★

先ほどと同じように今度は3+2のグループに分ける。

そしてさらに2+3のグループとつなげてみる。

譜面

16分音符3つ分=付点8分音符と、16分音符2つ分=8分音符のみでメロディができている。

頭の中で5連符を感じていないとやはりリズムが崩れてしまうので、うまく左手の16分音符に合わせて弾くのがコツ。

ここまで弾ければ5連符をマスターしているはずなので、ぜひ「The Rain Of May」に挑戦してみてください!

「The Rain Of May」の楽譜(PDF)はこちらからフリーでダウンロードできます。

The Rain Of May

この記事を筆者のサイトで読む

著者プロフィール

作曲家・編曲家

Pianeco

ニューヨーク在住。

作曲、編曲、採譜の仕事をしています。

ネコと音楽理論が大好き。

好きな作曲家はフェデリコ・モンポウ。

その他にレイモンド・カーヴァーやバズ・ラーマンが好き。

お気に入りのTシャツはスーパーマンTシャツ。

楽譜販売サイト(Sheet Music Plus)

http://www.sheetmusicplus.com/publishers/afuru-kamiichi/5075

ブログ:http://pianeco.hatenadiary.com/

Instagram:https://www.instagram.com/pianeco

YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCXOlJgBmBMOgAOVzdBtYQXg

この著者・クリエイターへメッセージを送る

著者の記事一覧

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています