人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

カラオケで盛り上がる曲ランキング【2019】

カラオケでの選曲に頭を悩ませたことありませんか?

歌いやすく、ウケが良い曲を選ぶことも大事ですが、やはり大好きなセンスの曲を選ぶことが大切です。

ここではきっと盛り上がる、いい曲が見つかると思います。

ぜひ参考にしてみてください。

もくじ

ランキング 1位〜10位

1位|Party Rock Anthem ft. Lauren Bennett, GoonRockLMFAO

クラブに行ったことのある人なら誰もが一度は耳にしているであろうLMFAOのダンスミュージックです。

YouTubeには世界中からダンスムービーが投稿されています。

Music Videoで大勢のキャストがキレキレのダンスを披露していてとてもかっこいいダンスミュージックです。

2位|We Are YoungFun ft. Janelle Monáe

2012年全米1位。

アルバム「Some Nights」に収録。

2011年にジャネル・モネイをフィーチャーしてリリースされました。

ご存知のテレビドラマ「GREE」でカバーされたことでも知られています。

アルバムも全米3位まで上昇し、さらには翌年のグラミーの最優秀楽曲・新人賞まで獲ってしまいましたね。

3位|男女太郎

2006年に発売されて当時着うたとして話題になった、太郎の「男女」という曲です。

歌詞はひたすら「男(だん)」「女(じょ)」ということばをさまざまな順番の組み合わせで繰り返すもので、耳に残る中毒性があります。

「なんだこれは!?」と聴いている人に思わせれば勝ちです。

4位|ヘーコキましたねMEN’S 5

出だしの歌詞は、耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

おならをしてしまったことをきっかけに繰り広げられる歌詞は、少し下品ですがどうしても笑ってしまいます(笑)。

おならのことをこんなに奇麗なハーモニーで歌っていることがさらに笑いを誘います。

5位|かわEヤバイTシャツ屋さん

若者から多くの共感を得ているユーモアたっぷりの歌詞が魅力です。

この曲もそんな彼らの魅力がたっぷり詰まっています。

かわいいを「かわE」と表記するポップさや、飾らない関西弁でつづられた歌詞には親近感があり、楽しく歌えますね。

6位|ニホンノミカタ-ネバダカラキマシタ-矢島美容室

とんねるずとDJ OZMAが組んだユニットです。

アメリカネバダ州出身の、美容室をいとなむ家族として日本でデビューしました。

記念すべき1作目で、大ヒットを飛ばして日本中の人気者となりました。

うけるポイントは、パロディでいろいろな曲の要素が入っていて笑えるのです。

7位|The Final CountdownEurope

1987年全米8位。

ヨーロッパはスウェーデン出身の北欧ヘヴィメタル・バンド。

3枚目のオリジナル・アルバム「ファイナル・カウントダウン」からこの同名曲が世界的なヒットになりました。

「ロック・ザ・ナイト」や「キャリー」といったシングルヒットも含みます。

とにかくバンドよりもこの曲、とくにイントロを今でも何かと耳にします。

それだけキャッチーだったということでしょう。

小林克也氏曰く「ロックの演歌」だそうです。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています