人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

子供の歌ランキング【2019】

今年流行した「子供の歌」のランキングです。

昔から聴かれ続けている伝統的な民謡や童謡に加え、新たに子どもたちをとりこにした最新曲もランクインしていますね!

今年最も多く聴かれた曲をランキング順に紹介します!

もくじ

ランキング 1位〜10位

1位|あなたがここにいて抱きしめることができるならmiwa

2015年にリリースされたTBS金曜ドラマ「コウノドリ」主題歌です。

とても美しい旋律で奏でられています。

赤ちゃんの誕生を心待ちにするような心境が、miwaのふんわりした美しい歌声から伝わってきます。

母性愛につつまれた名曲ですね。

2位|ありがとう作詞・作曲:宮地雅彦

作詞・作曲:宮地雅彦の「ありがとう」。

保育士として働いていた宮地雅彦さんが、当時担当していた子供たちの発表会のために作った歌です。

いつも子供の側にいる保育士だからこそ書ける素直な歌詞が心にしみます。

3位|おひさま~大切なあなたへ平原綾香

聴いているだけで心が癒される人が多いのではないでしょうか。

何度でも聴きたくなる美しい曲であり、子育て中の方がこの曲を聴くことによって、子供の存在がどれだけいとおしいものかを感じることができるのではないでしょうか。

4位|キラリキラリ作詞:Rico/作曲:牧野奏海

作詞:Rico、作曲:牧野奏海の「キラリ キラリ」です。

夢や未来に向かって希望を持った、前向きな明るい卒園ソングですね。

ベネッセのアニメで流れ、いまや全国の保育園・幼稚園で卒園ソングとして歌われる人気曲です。

5位|ありがとうのうた作詞・作曲:みやたさおり

作詞・作曲:みやたさおりの「ありがとうのうた」です。

この歌は卒園・謝恩会用に作られました。

入園したばかりの不安な子供の気持ちから、成長した現在の気持ち、そして旅立ちまでをつづった歌詞が、会場にいるすべての人に感動を与えます。

6位|たいせつなたからもの作詞作曲:新沢としひこ

子ども向け音楽を手掛ける新沢としひこの作品で、みんなと過ごした時が懐かしく、愛おしく感じられる卒園ソングです。

手話と共に歌える曲になっているので、バリアフリー教育に力を入れている園にもオススメの曲です。

7位|あたらしい明日へ作詞・作曲:矢嵜風花

作詞・作曲:矢嵜風花の「あたらしい明日へ」は、保護者の方が号泣してしまうような名曲です。

保育園・幼稚園に預けるのも不安なほど小さかった我が子が、こんなに大きくなって……と成長を感じて胸と目頭が熱くなります。

とても感動できる1曲です。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています