人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

【60代】カラオケで歌いやすい曲ランキング【2019】

カラオケでの選曲のカギは歌い手にとって歌いやすいかどうかがポイントですよね?

今回は、これまでに60代にカラオケで人気のあった歌いやすいカラオケソングをご紹介いたします。

参考になれば幸いです!

きっと盛り上がることまちがいなしです。

もくじ

ランキング 1位〜10位

1位|オリビアを聴きながら杏里

作詞・作曲は尾崎亜美。

本人によるバージョンもありますが、杏里によるバージョンの方が一般的には有名です。

大ヒットはしませんでしたが、楽曲の良さで長い月日をかけ愛される作品になっていきました。

オシャレなイメージがある歌ですので、自分もそういう女性になった気持ちで歌うと良いでしょう。

2位|糸中島みゆき

結婚式の披露宴でよく歌われる作品です。

中島みゆきが1998年にリリースし、カバーバージョンも多数作られました。

最も有名なのは、ミスチルのフロントマン桜井和寿によるものでしょう。

歌詞をじっくり味わいたい内容になっていますので、1つ1つの言葉を大切に歌うと良いと思います。

3位|地上の星中島みゆき

中島みゆきの37作目のシングルとして2000年に発売されました。

NHK総合テレビ「プロジェクトX〜挑戦者たち〜」の主題歌の為に制作された曲で、オリコン週間シングルチャートでは1位を獲得しました。

2002年の「第53回NHK紅白歌合戦」に中島みゆきが初出場し、黒部川第四発電所地下道から生中継で歌唱したことでも話題となった曲です。

4位|いい日旅立ち山口百恵

谷村新司が作詞作曲した曲で、山口百恵にとっても最大のヒット曲となりました。

リリースは1978年。

音程のアップダウンはゆるやかで、曲調もゆったりしているので歌いやすいと思います。

何よりこの曲は多分知らない人がなく、みんなで一緒に歌えるのが魅力ですね。

5位|年下の男の子キャンディーズ

昭和の女性アイドルグループとしてキャンディーズは特別な存在でした。

明るい曲が多い彼女たちの楽曲の中でも、特にかわいらしさが目立っていたのが、1975年リリースの本作です。

キャンディーズにとってこの曲は、初めてオリコンチャートトップ10入りをした作品です。

キュートな振り付けとセットで歌うとより楽しく歌えます。

6位|時の流れに身をまかせテレサ・テン

テレサ・テンの16作目のシングルとして1986年に発売されました。

第19回日本有線大賞および、第19回全日本有線放送大賞で、それぞれ史上初となる3年連続のグランプリを受賞しており、1986年の「第37回NHK紅白歌合戦」と、1991年の「第42回NHK紅白歌合戦」で2度歌唱されました。

また多くのアーティストによってカバーされており、テレサ・テンの代表曲の一つとして支持されている名曲です。

7位|ダンシング・オールナイトもんた&ブラザース

独特のハスキーボイスが特徴のもんたよしのり。

この曲はもんた&ブラザーズのデビューシングルです。

1980年に発売されたこの曲、当時は非常にはやりました。

タイトル部分をみんなに歌ってもらえば、盛り上がることまちがいなし。

音域もそんなに広くないので、はまればかっこよく、歌いやすい曲です。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています