音楽をもっと楽しむWebマガジン
menusearch

人気の夏ソング・夏歌ランキング【2018】

大好きな、さんさんと輝く太陽のような、夏をうたった曲の最新の人気ランキングです!

再生数の多かった曲を順番にランキング形式で紹介しています。

夏といえばどんなことが思い出されるのか?

プレイリストは随時更新されているので、楽しい夏を満喫してみてください。

もくじ

ランキング 1位〜10位

#1

1位|打上花火米津玄師

人気漫画が映画にもなった「打ち上げ花火下から見るか横から見るか」の主題歌にもなった一曲です。

若者に大人気の米津玄師が歌いあげるバラード調の曲になっています。

夏らしいさわやかな印象とともにやはりどこか切なく、心苦しくなるような曲ですね。

#2

2位|楽園ベイベーRIPSLYMEリップスライム

音楽としてはボサノバかサンバよりのラテン系のビートで、南国を思わせる一曲です。

RIP SLYMEの初期のころの曲ですが、彼らが注目されるきっかけとなった曲のひとつです。

夏のプレイリストに入っているお気に入りの一曲という人も多そうですね。

#3

3位|風に薫る夏の記憶AAAトリプルエー

キャッチーなダンスグループ的な印象が深いながらもリリックのセンスにおいて抜群の存在感を放っているトリプルエーによる切ない名曲です。

ハッピーな雰囲気を携えながらも新鮮さのある夏へのアプローチが心地良く思い出に浸ることのできる一曲となっています。

#4

4位|サマーヌード真心ブラザーズ

片思いをして告白できる場所というイメージもある夏祭りですが、恋人と仲良く手をつないで遊びに出かけるというイメージもある程度の年齢になったら思い出として残っています。

この曲を聴くと、後者を思いだします、すごい好きだった人と手をつないで夏祭り会場を歩くイメージです。

#5

5位|Sunny Day SundaySENTIMENTAL:BUSセンチメンタル・バス

遊びたい年頃に、みんなで祭りの後にカラオケに行き、この曲で盛り上がっていました。

テンポが速いので、歌うのはすごい難しいのですが、勢いがあるので、夏祭りの後テンション高めで歌うと意外にいけましたよ!

#6

6位|真夏の通り雨宇多田ヒカル

まるで短い小説を読んだ後のような、何とも言えない気分に浸れる一曲です。

美しくはかない夏のきらびやかな日々をしっとりと歌いあげています。

きらきらとした毎日だけではきっとないはずです。

そんな夏に疲れたときに聴いてみてください。

#7

7位|ひまわりの約束秦基博

秦基博の17枚目のシングルとしてリリースされた曲です。

東宝系3DCGアニメ映画「STAND BY ME ドラえもん」の主題歌を担当し、話題になりました。

タイトルの「ひまわり」はドラえもんをイメージしたものだそうです。

そのほかCMなどにもタイアップされ、秦基博の代表曲となっています。

こんな記事も読まれています