人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

レコーディングにおける位相差とは?解消方法はあるの?

マイクを2本以上立ててレコーディングする場合に問題になってくるのが「位相」です。

レコーディング関連の記事ではよく見かける言葉ですが、イマイチわかっていないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、レコーディングの際に起きる位相の問題を、具体例を挙げて解説していきます。

なお、今回はスネアドラムを録音していますが、位相というのは楽器の種類に関わらず、複数のマイクを立てる際には必ず気をつけなければなりません。

参考動画

今回の記事は、こちらの動画をベースに解説を進めていきます。

このあと記事内に登場する、秒数が書いているところをクリックすれば、該当の位置から動画を再生できますよ!

方向による位相差

スネアにマイクを立てる場合、トップとボトムに計2本のマイクを立てることが多いです。

この際に問題になってくるのが、方向による位相差です。

マイクというのはそもそも、空気の振動を拾って電気信号に変える機械です。

ひとつの音源に対して上と下という真逆の方向からマイクを立てているということは、空気の振動も真逆になっているわけです

ということは、収録された波形も真逆になります。

波形1

スネアトップとスネアボトムではプラスマイナスが逆になっていますね。

これを「位相の極性が逆になっている」とか、単純に「逆相」とか言います。

実際に動画で音を聴いてみましょう。

トップにボトムを足すと、むしろ音が薄くなっているのがわかるかと思います(0:19〜)。

ぼやけたような貧弱な音ですね。

これは、波形のプラスとマイナスが音を打ち消しあったからです。

この解決に使われるのが「フェイズスイッチ」です。

これは位相の極性を反転させるスイッチで、大抵のマイクプリやミキサーには装備されています。

「Ø」の記号で表されることが多いです。

これをボトム側にだけかけてプラスマイナスを反転させ、つじつまを合わせてやるわけです。

今回の動画では、Pro Tools標準プラグインである「Trim」にフェイズスイッチが装備されているので、それを使っています。

フェイズスイッチ有の状態でボトムを足すと、素直なスネアの音になったのがわかるかと思います(0:35〜)。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています