スタジオラグへおこしやす - バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジンmenu

まだFコードで消耗してるの?ギターリペアでこんなに弾きやすくなる!

中古で買われたアコースティックギターのナット溝調整&サドルの弦高調整をしました。

今回はお客様のご協力もあり「あまりに状態が良くなったことに感激したので自分のような初心者にギター選びの参考の記事になるように書いてほしい!」とのご要望があったので書かせていただきました。

つまずきやすい!最初のギター選び

pexels-photo-26434

http://o-dan.net/ja/

「ギターをはじめよう!」と決心をした際、まずは本体の購入からです。

周りに詳しい人が居なければ当然情報はゼロ、今はネットがあり調べれば情報が出てきますが知らない状態からのスタートです。

まず専門用語は意味が分からないので、調べた所で何を買ったら良いの?となることかと思います。

参考:ギターを始めたい。初心者セットを買う前に

分からなければ実際に楽器屋に行き店員から話を聞くのもオススメです。

今はかなりの低価格帯でも弾く分に問題がある固体は少なくなりました。

昔は「安物=問題有り」の物が多く本当に大変な時期で、安い物はかなりの順反りネック・弾きにくいので弦高を低くすると音が詰まる位の荒いフレット精度と、弾くに耐えない状態の物が多かったです。

調整等の精度は初期段階では甘い物が今でも多いとは思いますが、しっかりと調整してやれば使えるレベルになる物は多いです。

今はその辺りがかなり良くなってきているので、お店の人がオススメしてくるのであれば安心して購入して良いかとは思います。

新品で購入すれば保障もありますから問題があっても一安心です。

エレキは調整で簡単にどうにかできますが、アコギの場合は以下のお話のようにリペアが絡んでくる場合があります。

必ずしも新品を買う必要はありませんが、今回は最初の1本で中古を買われたことで選択の敷居が高かったですね。

お店に置いてある中古で一番安い物を買ったとのことで購入されました。

はじめて買ったギターをチューニングしていざ音出し!

音が鳴りました!までは良いのですが、物によっては「このギター、コードって本当に押さえられるの……?」と不安になる状態の物もあります。

誰でも最初はコードをいきなりは押さえられませんが、明らかに無理じゃないか?と思えるくらいの弾きにくさです。

お客様は疑問に思い、後日売り場に出てる数十万円のギターを握ってみると「明らかに自分のギターと比べて圧倒的にコードが押さえやすい!これなら弾けるだろうと思うギターだけど……なぜ!?同じ形のギターなのに?」と悩まれました。

どうしても買ったギターでは弾ける気がしないから修理で解決するのか?とリペアショップをネットで調べ、当店にお越しになりました。

あなたにオススメ

こんな記事も読まれています

keyboard_arrow_up