- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

日本最大級のロックフェス「ROCK IN JAPAN FES.(ロックインジャパン・フェス)」の魅力

日本最大級のロックフェスROCK IN JAPAN FESですが、みなさんは参加したことはあるでしょうか?

実際に参加したことはなくてもテレビやYouTubeの動画で観たことがある方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなROCK IN JAPAN(ロッキンジャパン)の魅力に迫りたいと思います。

ROCK IN JAPAN FES.(ロッキンジャパン)とは

日本最大級のロックフェス「ROCK IN JAPAN FES.(ロックインジャパン・フェス)」の魅力
開催概要

ロッキンジャパンは音楽雑誌「ROCK’IN ON JAPAN」で有名なロッキング・オンが主催となっておこなわれている日本最大級の野外フェスで、イベントの題名にもあるように出演者は邦楽アーティストに絞られています。

2000年から始められた長い歴史のあるフェスで、今や日本を代表する夏フェスの1つ、夏フェスの代名詞ともなりました。

会場となるのは茨城県の国営ひたち海浜公園、初回は2日間の開催でしたが2年目からは3日間の開催、そして2014年からは2週間の週末にわたって4日間開催されるようになり、徐々に規模を拡大している人気イベントです。

ステージ紹介

ロッキンジャパン エリアマップ

http://rijfes.jp/2017/areamap

ロッキンジャパンでは7つのステージが設けられ、それぞれ同時進行でさまざまなライブがおこなわれます。

ここではその7つのステージをご紹介したいと思います。

まず1つ目は約7万人のキャパを誇るメインステージ、GRASS STAGEです。

その名前にもあるように大きな草原に設けられるこのステージは、前方のスタンディングエリアに加えて後方にはシートエリア、テントエリアも設けられています。

2つ目はキャパ1万人のLAKE STAGE

ステージ後方に湖がたたずむこのステージには通常のスタンディングエリアの他に後方には半円形状の階段があり、そこでは階段に腰掛けてライブを楽しむことができるようです。

ロッキンジャパンでこそ味わえる味のあるステージではないでしょうか?

そして3つ目4つ目はそれぞれ8000人と1万人収容可能なSOUND OF FORESTPARK STAGE

どちらも周りを木々に囲まれており、気持ちの良いステージになっています。

5つ目がBUZZ STAGEと呼ばれるキャパが4500人のステージ。

こちらはもともとDJブースでしたが、DJだけではなくライブアクトもおこなわれています。

1日の締めくくりはBUZZ STAGEでDJアクトで……というのはいかがでしょうか?

そして6つ目、7つ目が4000人収容のWING STAGEとHILL SIDE STAGE

ロッキンジャパンの中では最も小さなステージですが、ネクストカマーだけなく大御所アーティストも出演し、独特な空気感を楽しめます。

どちらもロッキンジャパンのステージの中では最も小さいステージとはいえ、ロッキンジャパンというだけあり立派なステージになっています。

このように7つのステージでそれぞれライブパフォーマンスがおこなわれるので、あなただけのタイムテーブルを作って回ってみてはいかがでしょうか?

こんな記事も読まれています