ギターをもっと楽しむWebマガジン
menusearch

ローランド JC-120 トランジスタ・ギターアンプの基本から裏ワザまで

今回はスタジオやライブハウスでは定番のギターアンプ Roland JC-120についてのお話です。

使用する前にまず知っておきたい基本的なことから裏ワザ的な使い方までをご紹介します!

ギターアンプの定番 Roland JC-120

音楽をやってる人なら1度は目にしたことがあるはず!

Roland JC-120は、スタジオ、ライブハウスなどではド定番のギターアンプです。

正式名称は「Jazz Chorus(ジャズコーラス)」ですが、「ジャズコ」「JC(ジェーシー)」などの略称でも親しまれ、多くのミュージシャンが愛するギターアンプです。

「Made in Japan」世界に誇る国産アンプ!

界に誇る国産アンプ「Roland JC-120」

http://www.harmonycentral.com/forum/forum/guitar/acapella-28/1559576-

国内メーカーRolandから1975年の発売開始されたアンプで、発売当時から現在も国内で製造されており、細かなマイナーチェンジを繰り返しつつも、基本的なデザインは現在に至るまで変わりません。

世界中のギタリストに愛され今日も世界中のステージで活躍しているギターアンプです。

JC-120の特徴

JC-120の特徴

JC-120はトランジスタ回路を採用、出力120Wの大出力で12インチスピーカーを2発搭載し、エフェクターの特性を十分に生かすことができます.

フラットな特性でクリーン・トーンが美しくエフェクトのノリも非常に良ため、音が素直で扱いやすいアンプとされています。

コーラス、ビブラート、リバーブが内蔵エフェクトとして搭載されています。

空間で混ざり合うナチュラルなコーラス

コーラスをオンにすると片方のスピーカーからはエフェクトのかかっていない元音がなり、同時にもう一方のスピーカーからはピッチを揺らしたエフェクト音を出し空気中でその2つの音をミックスさせる自然のコーラス効果を生み出します。

コーラスをオンにし、リバーブでさらに広がりをつけると、1フレーズ「ジャラーン」と弾いただけで、1曲作れそうな感覚になりますね(笑)。

フラット論争

ちなみにJC-120に付いているイコライザーは「どれがフラットか!」という論争は今も続いています。

たしかにTREBLEのツマミを上げると(特に歪ませた状態では)キンキン高音がうるさく感じることもあるかもしれません。

参考:JC-120のフラット論争1

JCのアンプのフラット位置については2つの諸説があります。

1つは基本中の基本、HIGH MIDDLE LOWの順に5、5、5

2つ目は、HIGH MIDDLE LOWの順に0、10、0

といったものが在ります。

実はどちらも正しいようです。

作られた時期で5、5、5だったり0、10、0だったりするみたいです、たしかなソースはありません・・・

参考:http://ameblo.jp/dorublog/entry-10543667405.html

スタジオ、ライブハウスでなぜ定番なのか?

音楽スタジオ

常備してある真空管のアンプは機種やメーカーによって音に個性があるため、音のセッティングまでに時間がかかってしまいますが、JC-120だと鳴ってる音を視覚的にも聴覚的にも操作しやすいです。

JC-120は真空管アンプに比べれば個体差も少なく、故障や演奏中のトラブルも少なくて済むのですが、製造年代によっても微妙に音が違ったり、長年の使用で音の出方が若干変化しているものもあります。

ギタリストの皆さんにとってはJC-120に直接ギターを差して鳴らすより、マイエフェクターを持ち込んで、アンプとの間に接続し鳴らす機会のほうが多いのではないでしょうか。

どこのスタジオやライブハウスに常備しているので「JC-120をマスターすれば、どこに行っても同じ音が出せる!」とも言われています。

定番が故、音の好みも賛否両論あるギターアンプですが、ギターサウンドの1つの基準になっており、その安心感は他のギターアンプに比べ群を抜いていると思います。

また丈夫であることに加え、キャスターを付けたら移動もしやすいなど実用性が高いのも特徴ですね!

こんな記事も読まれています